2011年01月22日

Earmas(アーマス:リポジトリソフト)

遺跡リポジトリで使われているソフト。

株式会社ENUTechnologies/コンテンツ管理ソフトウェア(Earmas)
http://www.enut.jp/html/software_earmas.html

150万くらい。1台のサーバで2つのリポジトリを持ちたかったら、140万ってこと?割安に思えてしまう(自力よりは当然高い)。わりに使いやすいのかな。鳥取や山口の共同リポジトリにも使ってるとゆーことは。

http://www.enut.jp/html/services.html#sv_id1
Earmasには1物理サーバ内なら無制限にシステムを構築できるサーバライセンスがあります。
なんか、印象よさげなのかな。

会社名が読まれへん。島根の会社
http://www.enut.jp/html/aboutus.html

Earmas Enut ARchive and MAnagement System
http://www.enut.jp/earmasdemo/Index.e
デモサイト。

あ、肝心の会社トップ忘れてた。

株式会社ENUTecnologies
http://www.enut.jp/index.html
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IRちぇっくは趣味です

趣味というしかないな。馬鹿だなぁ。こちらに力注いではいかんよ。別に担当に戻りたいのではない。今、頑張りたいこと、一応あるし。
ランキングから。

TOUR: Tohoku University Repository: ホーム
http://ir.library.tohoku.ac.jp/re/
バックに模様?がついてる。

広島大学 学術情報リポジトリ
http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/portal/
外見かわったなー。

関西大学学術リポジトリ Kansai University Repository: ホーム
http://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/

札幌学院大学学術機関リポジトリ Sapporo gakuin university: ホーム
http://sgulrep.sgu.ac.jp/

聖路加看護大学図書館 SLCN @rchive:SLCN Repository: ホーム
http://arch.slcn.ac.jp/
なんというか、IR日本語名もコピれるようにしてほしい。

大阪女学院:DSpace at My University: ホーム
http://ir-lib.wilmina.ac.jp/dspace/

長崎県立大学学術リポジトリ:RUON
http://reposit.sun.ac.jp:8080/xmlui/
できてたんだ。英語名を、University of Nagasaki とするのはどうなのか。Prefectureいれないの?
RUON
http://ruon.sun.ac.jp/
こっちのページとの関係はどうなってんだろ。

JICA: Home
http://repository.ri.jica.go.jp/dspace/
できてたんだ。

ほんで、IRリストから。

総合研究大学院大学機関リポジトリ
http://ir.soken.ac.jp/
お。ネットコモンズじゃなくて、Wekoですな。

総研の右のリンクから。

JAXA Repository - TOP
http://repository.tksc.jaxa.jp/

これ、なに使ってるの?わからない。

上越教育大学リポジトリ Joetsu University of Education Repository: ホーム
http://repository.lib.juen.ac.jp/
うーん、記憶に薄い。見てない気がするんだが。

富山大学学術情報リポジトリToRepo DSpace at University of Toyama: ホーム
http://utomir.lib.u-toyama.ac.jp/
山なみの背景がついてる

KURA : ホーム
http://dspace.lib.kanazawa-u.ac.jp/dspace/
北大みたいな四角いのを作ってるんだが、テキストが小さいです。

山梨大学学術リポジトリ
http://www.lib.yamanashi.ac.jp/repository/
最初の画面を覚えていないけど、キレイに整理された画面の印象。
単に僕が山吹オレンジが好きだからか?

大阪教育大学リポジトリ Osaka Kyoiku University Repository: ホーム
http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/
久々に見ると、あちこちロゴまわりが変わってるな。しばらく公開してると、イメチェンを葉からねばならない気分になるのか、最初のロゴはやっつけなのか。

鳥取大学研究成果リポジトリ
http://repository.lib.tottori-u.ac.jp/Repository/Index.e
遺跡リポジトリのシステムだ。名前忘れた。検索してもうまく見つからない。アーマドとかアマンドとか音が頭をめぐるけど、だめだ。
しかし、見つけた。http://rarcom.lib.shimane-u.ac.jp/general/doc/2009CSIIsekiRepo.pdf
Earmas だって。
鳥取は、たしかDSpaceで試験してたんだけどね。

Kochi University Repository: ホーム
https://ir.kochi-u.ac.jp/dspace/
オレオレ証明書になってるよ?

九州大学学術情報リポジトリ : Kyushu University Institutional Repository (QIR)
https://qir.kyushu-u.ac.jp/dspace/
こちらもURL欄が真っ赤で印象よろしくないですよ。ところが、別のページに行くと、URLが緑色になる不思議。
https://qir.kyushu-u.ac.jp/dspace/
https://qir.kyushu-u.ac.jp/info/index.php?gakui_kyodaku こっちは緑。
dspace以下は赤いのか?
QIR用Googleを作ったのはなんでだろう。PDFにOCRかけてないなら、Google様のほうが、全文検索対象が多くなるけど。

佐賀大学機関リポジトリ: ホーム
http://portal.dl.saga-u.ac.jp/
が、画面かわってるー!(あがぁ。。。。)目に眩しい緑だが、Nalis-Rデザインから脱却してるのはわりによい印象。

長崎大学 学術研究成果リポジトリ NAOSITE: ホーム
http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp/dspace/
CSS触れるようになりましたという色具合と、2か月くらいで変更されるロゴだよ。6月の紫陽花は好きだったし、11月のくんち龍踊りが美しかった。2月はきっとランタンになるはずなので楽しみにしてるのだ。あ!1月は、うぐいす初日の出があったはずなのに。かわいいのに使わないのかね。
今年の4月以降が、去年と同じになるのか気になる。

熊本大学学術リポジトリ Kumamoto University Repository System: ホーム
http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/
こちらもすごく変わってる。さよならNalis-R.トップに新着情報が出てるうえ、ランキングが出てるのが珍しい。
IRロゴからIRトップに戻れず、大学サイトへ行く画像のほうが大きいというのも、わりかし珍しいと思う。

青森県立保健大学リポジトリ - A-plus(アプラス)
http://a-plus.auhw.ac.jp/
かわいい!!!かわいいよ!過去の写真が、(見せ方はともかく)見れるのもいいな。ずにぷすをこんな風なデザインにしてるのもステキだ。
しかも!右上の画面カラー(テーマ)を変えたら、全然違う感じになる!!
いやー、リポジトリ機能としては全然意味がない部分なんだけど、うっかり相当テンションあがった。雪うさ写真もあって、落ち着くし、Greenが好きだ。
名前が公募で、応募者の名前も書いてあるのも、愛称に対して好印象を抱かせる。

福島県立医科大学学術成果リポジトリ ホーム - Fukushima Medical University Repository
http://ir.fmu.ac.jp/dspace/
見たことあるのかないのかもわからない。医科大学だからないよね?2010年6月公開だ。ないな。

新潟県立看護大学リポジトリ Niigata college of nursing repository: ホーム
http://repository.niigata-cn.ac.jp/dspace/
あ、ここは、DRF-MLで名前の話を見たような。
右サイドバーが、こんな感じのが多いねんな。

都留文科大学機関リポジトリ TRAIL(トレイル) DSpace at Tsuru University: ホーム
http://trail.tsuru.ac.jp/dspace/
へぇ。左サイドバーの色つかいが気になります。なぜこの色なのかな。
サイドバーに色つけるって、僕にとっては高度だったよ?

InfoLib 大阪市立大学 学術機関リポジトリ 簡易検索画面
http://dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp/infolib/meta_pub/G0000007repository
InfoLibだと思ったら、ヘッダタイトルに書いたままだった。
ヘルプボタンが動きません。消せないのかな。
図書館や大学へのリンクがないね。図書館には、公開データベースから行けるけど。リンクが作れないわけではなさそうだけど。

大阪府立大学学術情報リポジトリ OPERA Osaka Prefecture University Repository: ホーム
http://repository.osakafu-u.ac.jp/dspace/
最新登録資料も、表示されるようになってきたが、自力なのか業者なのか知りたいよ。自力でできなかったので。
右サイドから目立ってた。
本学紀要論文の著作権者へのリポジトリ公開許諾のお願いとお知らせ|大阪府立大学
http://www.osakafu-u.ac.jp/news/2010/20100914_2.html

USAGI(University of Shimane Academic and Global Institution repository) 論文データベース 公立大学島根県立大学
http://sir.u-shimane.ac.jp/infolib/meta_pub/G0000002rbn
DRF-MLから見た、うさぎロゴにテンションあがったところ。かわいい。うさぎに弱いのか自分。

城西大学機関リポジトリJURA 簡易検索画面
http://libir.josai.ac.jp/infolib/meta_pub/G0000002repository
Infolibも増えてるんじゃん。背景写真は、なんでこれなのかな。

聖学院リポジトリ
http://serve.seigakuin-univ.ac.jp/
わ、印象違う。
聖学院リポジトリ - Just Use it!
http://serve.seigakuin-univ.ac.jp/reps/
中入っても印象違うけど、XooNIpsだ。

青山学院図書館 - リポジトリ
http://www.agulin.aoyama.ac.jp/repo/
javaを切ってると動いてもくれないE-Repositoryよ。中に入ると、あまりにも愛想がない画面。
http://www.agulin.aoyama.ac.jp/meta-bin/bs-brows.cgi


Σ*(シグマスター)慶應義塾大学理工学部 ホーム
http://iroha.scitech.lib.keio.ac.jp:8080/sigma/
そこはかとなくかわいい。サイドバーの左右が違うDSpace。ちょっとしたことだけど、僕にはできないような気がしたり。ひそかに高度。

上智大学学術情報リポジトリ DSpace at My University: ホーム
http://repository.cc.sophia.ac.jp/dspace/?locale=ja
背景色やや濃いような。
利用統計とかがボタンになってるだけで、印象違う。

東京家政大学機関リポジトリ Kasei Repository
http://ir.tokyo-kasei.ac.jp/portal/
E-repositoryは、表紙の印象がわからないな。デフォはどんなだっけ?みんな表紙は力入れてるような。

IRUCAA@TDC : 研究者ページ 野口 英世
http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/researcher?action=viewResearcherPage&researcherId=6
え!なんでヒディーさんが!

野口英世と東京歯科大学
http://www.tdc.ac.jp/noguchi/index.html
「野口英世の生涯」のプルダウンが、Firefoxだと動かないのが腹立たしい。高山歯科医学院が東京歯科大の前身なのか〜。

東京女子大学学術情報リポジトリ TWCU-Repository
http://opac.library.twcu.ac.jp/portal/index.htm
E-Repository。まぁこうゆう表紙か。
「発行から公開までには多少時間がかかります。」は、別に書かなくてもいいように思うのだが、そんなにもラグがあるのだろうか。

中部大学学術情報リポジトリ Chubu University Digital Archives : Chubu University Repository
http://ir.bliss.chubu.ac.jp/
これはどこかのOPACデザイン。iLisSurf 富士通なのか。
リポジトリ登録タイトルリストがあるのはいいのだが、タイトルからリンクをしてほしいところ。
http://ir.bliss.chubu.ac.jp/retrieve/ir_list.html

KANAGAWA University Repository: 貴重書
http://klibredb.lib.kanagawa-u.ac.jp/dspace/handle/10487/4199
かっこいい写真。
学位論文ボタンが死んでるのはいただけない。

龍谷大学学術機関リポジトリ R-SHIP Ryukoku University Institutional Repository: ホーム
http://repo.lib.ryukoku.ac.jp/jspui/
右サイドがこんな感じなのは、どこかの業者の趣味なんだろうか。

関西大学学術リポジトリ Kansai University Repository: ホーム
http://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/
左サイドの、ヘルプとDSpaceについても、わりに律儀に残されているなぁ。

Nara University Repository - 奈良大学リポジトリ
http://repo.nara-u.ac.jp/
XooNIps 画面白いな・・・
XooNIps検索 は、XooNIpsを消したほうがよいかと思われる

Welcome to 就実学術成果リポジトリ - 就実学術成果リポジトリ
http://repository.shujitsu.ac.jp/
Welcome to 津山工業高等専門学校学術成果リポジトリ - 津山工業高等専門学校学術成果リポジトリ
http://repository.tsuyama-ct.ac.jp/
岡山の共同がまた増えてた。

Welcome to 環太平洋大学研究成果リポジトリ - 環太平洋大学研究成果リポジトリ
http://repository.ipu-japan.ac.jp/
ずいぶんロゴで印象が変わる。

別府大学地域連携プログラム XOOPS Cube Site - Just Use it!
http://bud.beppu-u.ac.jp/xoops/
別府は、共同?も持ってるの?
ロゴのフォントはどうなんだろう。軟派趣味。誰か硬派な年配目の方々が文句をいいそうなものだがなかったのか。

アジア経済研究所 学術研究リポジトリ ホーム: Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE)
https://ir.ide.go.jp/dspace/index.jsp
デザイン変わってた。トップに戻るのが右ロゴで、左ゴロからJETROのトップに行くのはいかがなものか。

JAMSTEC機関リポジトリ - TOP
http://www.jamstec.go.jp/jir/infolib/meta_pub/G0000002REP
InfoLib

山口県大学共同リポジトリ : 維 新
http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/CrossSearch/
Earmasだ。山口もすげーなー。

ホーム: 新潟県地域共同リポジトリ
http://nirr.lib.niigata-u.ac.jp/
参加大学のバナーの数が多いよ。


巡回終了。








posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

リポジトリランキング2011年1月

別にチェックしてたわけじゃないけど、えらくタイミングよく更新を知る。

Ranking Web of World Repositories: Top Repositories
http://repositories.webometrics.info/toprep.asp

すっごい増えたね。新顔多数。でもってランキング変動。正しく北海道が上位に。でもって3位に長崎だよ…!驚きに震えるな。信州もあがったなー。お茶の水が下がってる印象。
山口や山形や奈良女は、前もいた(ランクインしてた)のかどうか覚えていない。
別にどれもちゃんと覚えていないけど。そして、以前のランクメモはなくした。つうか、血と汗と涙のリポジトリ担当時代のファイルは、まるまる消えた。頼み込んでいつかコピーさせてほしいよ、仕事記念に。

WORLD RANK REPOSITORY SIZE VISIBILITY RICH FILES SCHOLAR
6 Kyoto University Research Information Repository 13 8 6 22
9 Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers 41 12 49 24
26 Nagasaki University Academic Output 93 25 40 156
30 University of Tokyo Repository 96 35 119 52
32 Tohoku Unviersity Repository 68 48 47 71
33 Kyushu University Institutional Repository 94 17 76 341
35 Waseda University Dspace 107 37 22 297
36 Kanazawa University Repository for Academic Resources 84 50 26 117
40 Hitotsubashi University Repository 108 41 50 236
51 Chiba University Repository 405 15 64 372
52 Nagoya University Repository 211 45 117 82
88 Ochanomizu University Web Library Institutional Repository 83 70 81 714
93 Tokyo Gakugei University Repository System 110 76 235 411
95 Shizuoka University Repository 186 133 129 139
96 Shinshu University Institutional Repository 269 111 92 190
98 Hiroshima University Institutional Repository 31 27 29 1,042
113 Yamaguchi University Navigator for Open access Collection and Archives 151 85 164 693
119 Kumamoto University Repository 149 119 89 656
123 Hirosaki University Repository for Academic Resources 180 157 168 321
130 Osaka Kyoiku University Repository 58 123 187 730
146 Japan Advanced Institute of Science and Technology Repository 157 268 106 201
152 Otaru University of Commerce Academic Collection 341 200 127 230
166 Tokyo Women's Medical University Information & Knowledge Database TWINKLE 119 421 44 195
168 Gifu University Institutional Repository 165 131 293 699
176 Yokohama National University Repository 223 275 128 273
186 Gunma University Academic Information Repository 648 147 276 264
194 YOU Campus Repository Yamagata Prefecture Universities 219 107 354 804
196 Meiji University Academic Repository 278 183 459 256
209 Mie University Scholarly E-Collections 257 342 124 337
210 Nara Womens University Digital Information Repository 424 156 440 435
214 University of the Ryukyus Repository 593 144 392 467
219 Iwate University Repository 181 382 189 314
224 Utsunomiya University Academic Information Repository 309 269 230 443
252 Aichi University of Education Repository 306 260 253 625
259 University of Toyama Repository 382 264 366 448
296 Shiga University Repository 323 342 388 406
306 Hosei University Repository 520 330 441 235
319 Kyushu Institute of Technology Academic Repository 242 522 207 404
326 Akita University Institutional Repository System 295 279 364 773
331 Community Repository University of Fukui 574 327 443 323
337 Kwansei Gakuin University Repository 301 325 321 749
345 Kitami Institute of Technology Repository 492 319 426 567
353 Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine Academic Repository 310 504 252 512
354 Hokkaido University of Education Repository 445 393 393 498
359 Tokyo Dental College Repository 382 447 267 636
371 Kochi University of Technology Academic Resource Repository 626 313 500 606
385 Doshisha University Academic Repository 706 283 588 572
396 National Museum of Ethnology Minpaku Repository 311 610 212 578

ランクが、なんと1185まで続くよ!!400で力尽きる。
筑波がえらい下だな。福井が、共同のほうがかなり上?
こんなにたくさんライクインして、ほとんど日本の全部入ってるのかと思ったが、やっぱり全部ではないね。ならば、相当下位でも、ランクインしたことを自慢できるのか。
posted by 川蝉 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

前平良市立図書館、取り壊し一時中止の署名活動


旧文化会館の取り壊しちょっと待って!web署名の受付スタート:島の図書館に行こう!
http://miyakojimalibvo.ti-da.net/e3197149.html

STAPANBIN CAFE Condiment Bar:旧琉米文化会館の保護
http://miyakojimacity.ti-da.net/e2929807.html

島一番のハイカラ情報発信地〜宮古琉米文化会館:あんちー かんちー 沖縄・宮古島から発信のウェブマガジン!
http://akmiyako.ti-da.net/e2412359.html

「惜愛」 宮古島市立平良図書館閉館式:あんちー かんちー 沖縄・宮古島から発信のウェブマガジン!
http://akmiyako.ti-da.net/e2920068.html

すごい写真やな。D介さんはもちろんやけど、2枚だけのナナゾーさんの写真が好き。


お宝資料 「宮古琉米文化会館のあゆみ」:島の図書館に行こう!
http://miyakojimalibvo.ti-da.net/e2262393.html

市立平良図書館/49年の歴史に幕 | 宮古毎日新聞社ホームページ -宮古島の最新ニュースが満載!-
http://www.miyakomainichi.com/2010/05/1469/

posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NDLアンケート結果


最近は、ほんまぼやっとしてて、アンケート参加してない。

平成22年度遠隔利用者アンケート結果 | 国立国会図書館-National Diet Library
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/enquete2010_01.html

アンケートに寄せられたご意見 -Q&A- | 国立国会図書館-National Diet Library
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/enquete2008_02.html

別に高いかどうかはわからんが、A3コピーがあればいいのにとは思う。A4にされると、高いなと思う。
B4以下なら、包装料がかかるものの、ページが多い場合はかえって他大学よりお得だと思う。
複写物を折るのがイヤなのかな。なんでだろう。

あとは、送付期間にバラつきがあるのはなんでだろう。早いときは、びっくり3日とかで届くけど、かかるときは1週間以上かかる。東京から来てるのだろうか。そのへ
ん区別して考えたことないのだけど。
まぁ、でも、以前よりははるかに早いと思う。

そういえば、ILL担当じゃないと、アンケートに参加しようがないところがあるよな。使ってないもん。次回は回答するぞー。

posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

片山善博総務大臣


不勉強な話。

JLAメルマガより
「片山大臣、図書館は指定管理者制度になじまないと言及」

総務省|片山総務大臣閣議後記者会見の概要
http://www.soumu.go.jp/menu_news/kaiken/02koho01_03000154.html

ページかなり最後、下から2番目に「指定管理者制度」の項。
ありがたいことを言ってくださる。

読んでて、「私が鳥取県知事のときも」に出会う。
あぁ!かの有名な鳥取県立図書館を持つ、そこの知事さんでしたのね。

行政刷新会議に片山善博・前鳥取県知事。 - Toronto&日本新生活つれづれ日記。 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer_alex603/29687409.html

市長雑感(第136号) 鳥取県片山知事伊万里でご講演
http://www.city.imari.saga.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1181119790682&SiteID=0&ParentGenre=1000000000512

片山前鳥取県知事の図書館政策について | OKWave
http://okwave.jp/qa/q4553134.html

2008年度特別研究例会報告(自治体活動を展ばす公共図書館の支援)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/nal/events/reikai/2008/sp-report.html

どんだけ物知らんねん。

posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

junii2 チェックツール


OAI-PMHバリデーター:tech/note/general/OAI-PMH validator - DRF wiki
http://drf.lib.hokudai.ac.jp/drf/index.php?tech%2Fnote%2Fgeneral%2FOAI-PMH%20validator
o リポジトリのOAI-PMHの配信設定が、XMLスキーマおよびjunii2ガイドラインにもとづいたものになっているか検証して、簡易テストできるツールを作成しました。Webから簡単に確認できるデモツールがあります。
JuNii2 Validator
http://kagaku.nims.go.jp/~masao/junii-validator/

担当してたirチェックしたら、JuNii2の名前空間が古いといわれた。がーん。
つうか、試したら、デモの大学でも、名前空間けっこうふるいままだった。ちょっとほっとした。
デモ大学にエラーがいっぱいでてると、ほっとするよ。実際は、別にたいしたエラーじゃなかったりするけど。1ヶ月にすると、ほとんどエラーもなくなる。

これ、入力エラーがよくわかるなぁ。とてもすばらしい。がんがん使えばいいよ。旧担当IRが、1ヶ月でも全体でも、エラーが2つしかでなかったんだけど、本当か?


で、JuNii2 名前空間。 何が変わったか見てみた。

(旧)
<schema>http://ju.nii.ac.jp/oai/junii2.xsd</schema>
<metadataNamespace>http://ju.nii.ac.jp/junii2</metadataNamespace>

(新)
<schema>http://irdb.nii.ac.jp/oai/junii2.xsd</schema>
<metadataNamespace>http://irdb.nii.ac.jp/oai</metadataNamespace>


ju.niiのままのところは、irdbに変えなくちゃ。

古いとどんな害なのかな。古いからちゃんとエラーがチェックされないとかじゃないよね。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DRFtechがさらに充実してる


いい加減、気持ちをリポジトリから離すのがいいのかな。もうあちこちに興味を持てる年じゃないから。
それよりもっと、利用者サービスとか、大学教育とか、そっち方面にアンテナを持たねばならん気がする。

そう!あんまり余所見してると、やらなくちゃいけないほうに神経行き届かないよ。全然関係ないけど、男性が精神的に浮気すると、資源が浮気先に行って、自分とこの遺伝子保存のために使われるべき資源が減るので女性はより怒るという社会心理学の授業をふと思い出した。(男性は女性が肉体的に浮気すると自分の遺伝子が残らないので、そっちをより怒る。放送大学の授業にあった)

ともかく、あんまり余所見してちゃ、ダメな気がするお年なんだよ何度も言うけど。



そんなこと思いつつ、うっかりtechページみたら、充実してて、おもしろいよなー!

DRFtech-Karuizawa2010 - DRF wiki
http://drf.lib.hokudai.ac.jp/drf/index.php?DRFtech-Karuizawa2010

ある意味、担当じゃなくてよかった。あちこちのぞきまくるよ。
みなさん、とても細かく書かれてて、これくらい書いてもらったら、せっかくdrf-wikiにあるけど、自分にはわからんというもどかしさは、あまりなくなるのかな。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PDFチェックツール

PDFチェックツール (pdf-checker)
http://masao.jpn.org/software/pdf-checker/


おもしろそーだなーって思う。手元に大量のPDFとかあるなら、即行ためすんだけど、もちろん別にそんなものはない。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

Error: document.body is null にいらっとする

腰が痛い・・・。前の三連休を寝たきりで過ごしてそのあと珍しく距離を歩いたから、単なる筋肉痛なのかと思うんだが、脱腸とかだったらどうしよう。症状しらんけど。昨日まではただ痛いだけだったけど、今日はその痛みがまっすぐ座れないくらいだったりする。

Firefoxのタブは相変わらずひらきっぱなしで、おそろしいことに常時50以上開いてたりする。多分、100超えてることもあるだろうに。Firefoxは丈夫になったもんだ。おかげでそれに甘えて、酷い状態が常態(・・・加齢のあかし?)に。
でも、たまには耐えきれないとクラッシュするので、再起動するはめになる。どうしても相性が悪いページとか世の中にあるが、自分が普段JavaScript切ってるのと関係あるのかないのか。
月に1回は、再起動をしないと生きていけないのも面倒ください。今も再起動せよとゆう画面のタスクバーのアイコンが、オレンジに輝いてるよ。

再起動すると、大量のタブをけなげに復元してくれるけど、毎回、2回くらい
Error: document.body is null
が出てくる。これはなんですか。どのページから出てるエラーなんですか。開いているタブが多すぎて、識別できません。
java、じゃなくてJavaScript関係かな(いまだに区別ついてない)、で、document.body は、普通のhtmlのbody的な役割の部分かと予測してみる。そのうえで、document.bodyをソース(コード?)に書いてるのに、そのあとに、ウィンドウサイズとかそのへんなんも指定していないページがあって、そのせいでエラーが出てるという予想と(この場合、そのページがどれなのかすごく気になる)、単に僕がJavaScript切ってるので、それでなんか不都合で、エラーを訴えられてるという予想をしてみる。
別にそんなエラーポップアップが出ても、OKしたらなにも起こらず、実害はないような気もするんだけど、びっくりするくらい毎回出てきて、いくら僕がタブをなかなか閉じないとしても、最初のエラーが出た時分から開きっぱなしのタブは1つもないので、どこかのサイト(新聞社とか、ぶくろぐとか)と相性がわるいのかもしれないが、どうなのだろう。
と、想像の域を出ないことを無駄に書いてみる休日。
posted by 川蝉 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPadのウィルス対策ソフト


iPadってウィルス対策ソフトいらんの?噂全然きかへんな。

iPhoneやiPadのウイルス対策ソフト - セカンドノート
http://www.secondnote.net/secondnote/archives/2010/06/iphoneipad.html

iPhone、iPadのウイルス感染対策 : サイバー護身術 : セキュリティー : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/net/security/goshinjyutsu/20100813-OYT8T00537.htm

専門家が警鐘――iPadを購入したWindowsユーザーを狙った攻撃が急増中 : セキュリティ・マネジメント - Computerworld.jp
http://www.computerworld.jp/topics/vs/180289.html

iPadとかって、きっちりOSアップデートしたら、ほぼ安心てこと?
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

ASTM規格


ASTM規格 〜製品仕様や試験方法に関する世界的な規格〜 | 調べ方案内 | 国立国会図書館
http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-400351.php

米国ASTM - 米国 - 北米 - ジェトロ
http://www.jetro.go.jp/world/n_america/us/qa/01/04A-011014

規格だ規格。規格は半分までかと思ったが、これにはそんなこと書いてないと先生が言ってる。

ちょっとわっかりにくかったよ。

この規格は、毎年発行される、Annual Book of ASTM Standards というのに掲載されてて、NDL-OPAC では洋雑誌でヒットするんだよ。
だから半分まで規制(変な言い方)の対象じゃないんだよきっと。

規格が、何巻に載ってるか、次のサイトで検索して、Book of Standards Volume の後の数字を確認するのだ。

ASTM International - Standards Search
http://www.astm.org/Standard/index.shtml

NDL-OPACで雑誌を探したら、頑張ってその巻号までさかのぼるのだ。1年で大量の巻を持つから、古い場合は、ひったすら次ページリンクを押したけど、他に良い方法
ないよね?

年号の入れ方がわからん。調べ方案内の例がこうだった。

請求記号:Z63-B127
巻 号:02.05
年月日:2007

巻号 02 でも 2007年なの?
画面見ても、年代の見方がわかんねぇよ。

まぁ、ともかくまた1つくーふーを積んだね。くーふーってどんな字って言ってたかなー。知り合いのせんせーのおとーとさんの用語。うつぼをもらった。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

小さく失敗


貸借期間が20日かと思って頼んだら、開架分は2週間だけやった。しまったー。
そりゃ、開架やから、学内学生に使ってもらうため他所に長くは貸したくないやろけど、郵送の期間を考えて殺生やで。
でも、ちゃんとその旨書いてるのに依頼したほうが悪いのですよそうですよ。
しかし、たとえその注記に気付いても、事前OPAC確認したかどうか・・・。当然するやろと言われても仕方ないが、面倒だったり、たまに本気で忘れてたりする。
でも、2週間で延長ダメだとは書いていないので、延長はできるのかな。

posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

明けました

新年おめでとうございます。

すっかり停滞著しいブログで、やめるの?どうなの?というありさまだと自分で思うけど、やめるっていうと、閉鎖したりするのか、完全に更新を停止するのか。キパとやめるという行為をとるほどの理由もなく、ダラダラやってくような気がします。と、まったく同じようなことを1年前も書いています。

書くネタメモはあったりなかったりですが、この1年はさらに書くに至ってない。どういう風に以前更新していたのか、さっぱりわからなくなっています。不思議だ。以前は残業ももっとしていたし、趣味で遠くまで出かけて、夜中のひどい時間に帰宅するような生活だけど更新していたのに、どうして以前より時間があるはずの今、こんなに滞るのでしょうか。

あちこちに情報はありすぎるので、自分のメモを作る余裕もなかったり、他にいいページがいろいろあって、自分でメモを作る必要がなかったりもする。
別にもうメモしなくてもいいやって気分でもある。ほんの少しは、ある意味知識がついてきて、メモらなくていいよってことも増えたのと、それよりも、以前のように何にでも興味を持つ余裕がなくなってきたのと。思考の整理ができなくもなってる。
仕事に関することを書きださないと腹が膨れる気がしたので吐き出してきたけど、別にそうでもなくなったり。ちょっと歳とってほんのちょっとだけ枯れたのと、あるいはリアルで語る相手がいるのかもしれない。
体調が悪いのとも少し違うけど、ずっと気力も余力もなかったのかもしれない。
立ち位置が変わって、どういう風に書くのか決めかねてるのかもしれない。

混迷を深めて迷走気分です。不惑が遠いです(年齢でなく)。

過去分の記事のバックアップとったら、移転するか、過去記事の整理をするかしたいところで、そうして、またぐだぐだメモる日々のリズムをつかみたいなと思う。

今年もよろしくお願いします。
posted by 川蝉 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。