2011年04月22日





JAIRO利用統計

http://jairo.nii.ac.jp/stats/



コンテンツタイプごとの詳細を見ると、けっこうアクセスされる大学が偏ってる機がする。名前を普段聞かなくても、ランクインしてたりいろいろ。

ロゴはあったほうがいい。大きさは、本当はもっとそろってるほうがいい。ふっつーのバナーサイズを指定すればいいのに。




研究資源アーカイブ映像ステーション ― 京都大学
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/inamori/archive/index.htm/

リポジトリとの関係はなにもないのかな。


城西大学機関リポジトリJURA 簡易検索画面
http://libir.josai.ac.jp/infolib/meta_pub/G0000002repository

Infolibさん。
あー、以前も見たな。

posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

HTMLファイルを一括で変更(シェル・perl編)

HTMLファイルを一括で変更する(シェル・perl編) | 渋谷生活
http://ext.omo3.com/webmaster/all_modify.html

その前にね。コマンドが打てる状態でサーバに接続できないんだ。まだわからないんだ。もしかして、ダブルクリックしたら実行する状態でファイルを作って、GUIのサーバ上に持っていくんだろうか?
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SYSTEM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

文字列の一部分を置換(エクセル)

日経PC21 / 文字列の一部分を置換する
http://pc.nikkeibp.co.jp/pc21/tech/excel36/34/

タグ:エクセル
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SYSTEM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑誌をつくる

オープンソースソフトウェアでOA雑誌を作ろう | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/node/3757

DPubS Home
http://dpubs.org/index.html
Home - DPubS - Confluence
https://confluence.cornell.edu/display/dpubs/Home
これでどんなのができるのか、サンプルが見つけられない。

HyperJournal Web Site | Open publishing made easy!
http://www.hjournal.org/
こっちは、がわ以外がつながらない。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

オープンソースの機関リポジトリ用システム“IR+”FEDORA E-Prints


オープンソースの機関リポジトリ用システム“IR+”のバージョン2が公開 | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/node/17037
irplus - Institutional Repository Software - Google Project Hosting
http://code.google.com/p/irplus/

ちょっと、Eprints思い出す?
Viewing personal publication: IR+ Highlighted Features
https://urresearch.rochester.edu/researcherPublicationView.action?researcherPublicationId=11
Viewing personal publication: IR+ Manuals
https://urresearch.rochester.edu/researcherPublicationView.action?researcherPublicationId=16

リポジトリ用ソフト“FEDORA”に関するニュースレターが創刊 | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/node/7418
URL変わってる。

HatCheck Newsletter Archive ― Fedora Repository
http://www.fedora-commons.org/community/hatcheck/?searchterm=newsletter


EPrints
Open Access and Institutional Repositories with EPrints
http://www.eprints.org/

EPrints - Digital Repository Software
http://www.eprints.org/software/

ITmedia エンタープライズ:EPrints――世界に向けて発信
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0508/30/news012.html

Eprints.orgソフトウェア: 評価
http://www.nii.ac.jp/irp/archive/translation/review-of-eprints.html

学術機関リポジトリ構築ソフトウェア実装実験プロジェクト
http://www.nii.ac.jp/metadata/irp/dande.html
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リポジトリ用ソフト“Fedora”


リポジトリソフトで名前だけ聞くFedora。

Home ― Fedora Repository
http://www.fedora-commons.org/

よく考えたら、日本語化されていないから、誰も手を出さないのか?
読み方も、ふぇどら(頭アクセント)なのか、ふぇどーら(ドアクセント)なのか。

ともかくも、普通に検索すると、FedoraCoreばかり出るので、日々の記録の中を検索する。

[Fedora] - 日々の記録
http://d.hatena.ne.jp/zuki_ebetsu/searchdiary?word=%2A%5BFedora%5D

2007年にはあったのですか。バージョンは今、3になってるけど。
どうも楽しくなさそうなイメージ。

Fedora Repository 3.4.2 Documentation - Fedora Repository 3.4.2 Documentation - DuraSpace Wiki
https://wiki.duraspace.org/display/FCR30/Fedora+Repository+3.4.2+Documentation


FedoraComm Community (FedoraRepo) on Twitter
http://twitter.com/FedoraRepo


DCC、リポジトリ用ソフト“Fedora”の概要説明資料を刊行 | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/node/5084
Technology Watch Papers | Digital Curation Centre
http://www.dcc.ac.uk/resources/briefing-papers/technology-watch-papers
全然見方がわからんかった。

posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リポジトリソフト比較

Repository software survey, November 2010 ~ Repositories Support Project
http://www.rsp.ac.uk/start/software-survey/results-2010/

Multi-language Support が、 Fedoraだけ空欄。

あれ?Islandora/ Fedora ってなんだ。さっぱりわからないな。

Islandora
http://islandora.ca/

Explore a subject | Robertson Library
http://library.upei.ca/
この画面はおちつくな。


リポジトリソフト比較
Repository software survey, November 2010 ~ Repositories Support Project
http://www.rsp.ac.uk/start/software-survey/results-2010/

あらためて眺めてみる。フリーのものは、6種類。
DSpace    EPrints    Fedora    Islandora/ Fedora    intraLibrary    Zentity

Fedoraが空欄が多すぎる。
気になった項目。
Update Cost : intraLibrary に Commercial
Metadata Formats : Eprintは、Qualified DC が空欄
Web2.0:DSpaceとかEprintsとか軒並み空欄。
Cloud Storage : EprintsやFedora  なにができるのやら。
Eprintsは、javaじゃなくて、Perlなんですか!!だからどうなのかわからないけど、違うので反応。
Other Specifications:Islandora/ Fedora に、Drupal, Djatoka, OpenLayer
RoMEO Integration : なに? Eprintsは対応。
OAI-PMH Harvesting: Eprintsが空欄になっている! 刈り取るほうか。プロバイダの機能を持っているものをリポジトリソフトと呼ぶのか。
Cover Sheet Generation: Eprintsだけ。



学術機関リポジトリ構築ソフトウェア実装実験プロジェクト
http://www.nii.ac.jp/metadata/irp/dande.html

Open Access and Institutional Repositories with EPrints
http://www.eprints.org/

posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

格闘Thunderbird

結局、いまだにAlMailで生きている。Win7好きだけど、メールだけは他メーラになじめなくて困る。

複数のプロファイルを使用する



名前から実行とか、検索とかで、"thunderbird.exe -ProfileManager" とすると(thunder〜が小文字始まりじゃないとダメだった。コピーが一番確実)、プロファイル選択画面がでるので、「今後このプロファイルを使用する」のチェックを外す。ついでに1件プロファイルを追加しておく。
Thunderbird起動のたびに、プロファイル選択画面が表示される。

%AppData%からthunderbirdのprofile.iniを見ると、プロファイルが2件書かれてる。
あと、どっちかにデフォルトの行がある場合、プロファイル選択画面が表示されない。

Thunderbird ナレッジベース - メールやアドレス帳をバックアップしておきたいのですが、どのファイルを保存しておけば良いのでしょうか
http://mozilla.jp/thunderbird/support/kb/002600

個人用アドレス帳/記録用アドレス帳は、それぞれ abook.mab/history.mab らしい。mabファイルですか。mail address book?
Thunderbird の設定は prefs.js 。しかし、それを知ってもな。

2つのプロファイルの中のデータをマージしたいのだけど、%AppData% のMail以下のフォルダをコピーするだけでは、見ることができない。
難しい。

Mozilla Re-Mix: Thunderbirdのアカウント情報を簡単にエクスポート・インポートできるアドオン「accountex」
http://mozilla-remix.seesaa.net/article/111740011.html

これが便利そうだけど、本当に大丈夫か、いまいち信用していない。
タグ:thunderbird
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

島根県遺跡データベース


島根県遺跡データベース
http://iseki.shimane-u.ac.jp/
島根県遺跡データベースシステム
http://iseki.ipc.shimane-u.ac.jp/bunkakai.html
島根はこんなものも持っているのか。いや、作っているのか。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遺跡報告書抄録のフォーマット



遺跡情報は共有できるのか
http://www.amy.hi-ho.ne.jp/mizuy/how/miraikei2.html

報告書抄録のフォーマットがあり、すごく参考になった。奈文研の抄録データベースでは、古い報告書でも、発行機関の住所が現在のもの(郵便番号が9桁だったり、町が市になってる)だと思いましたが、作成法人IDから自動入力というのを見ると、ひどく納得する。
そういえば、奈文研の抄録データベースは、凡例というかデータベースの説明がなさすぎて驚く。

報告書抄録について、独自の用語で、書誌情報・調査情報・出土情報と書かれているのにも、そう!ここの部分が私が最初に知っておきたかったことだと喜ぶ。
これが、さらに遺跡リポジトリの中では、報告書書誌情報・遺跡情報(遺跡マスターと呼んでいるらしい。今回の調査範囲の住所・緯度経度まで)・調査情報(調査期間・理由から時代・遺構・遺物の情報まで)という三分になっていて、抄録の区切りとも違うという不思議。
むつかしいですな。

とても参考になったサイトの執筆者は誰かとサイトを戻った。

日本の考古学リソースのデジタル化
http://www.amy.hi-ho.ne.jp/mizuy/index.htm

たまに見ていた、marginBlogさんのサイトでした。
marginBlog
http://maia.exblog.jp/

改めて見ると、今の僕に非常に参考になる気がする。リンクされたページの日付は2000年から2003年くらいだったりするが、それでも読むところが多い。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

「行列を入れ替えて貼り付ける」ショートカットキー



「行列を入れ替えて貼り付ける」ショートカットキー
http://www.sarunami.jp/2006/04/post_125.html

Alt、E、S、E、Enter

Altの後のEは、同じ位置に指がおれないし、Enterで右手も使うし、あんまり楽しくないキーボード操作。
Enterはマウスでするか迷ってる。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近のOJS(Open Journal Systems)



学術機関リポジトリをプラットフォームとする電子出版システムの開発
http://info.nul.nagoya-u.ac.jp/pubwiki/index.php?EPSIR
平成20年度
    Open Journal Systems とDSpaceを連携させるメタデータ抽出APIをプロトタイプとして開発し、『名古屋大学附属図書館研究年報』での適用可能性
を検討した。
平成21年度
    OJS Plugin (SWORD 1.2 Repository Deposit)を改修し、論文単位でリポジトリにデポジット可能なプラグインを開発する。

OJSそのままではないのか。


Open Journal Systems - ペンギンの杜 〜 Linux ソフト集 〜
http://penguin.tantin.jp/mori/soft/Open%20Journal%20Systems.html


E605 - 国立図書館がオープンアクセス誌出版サービス開始(豪) | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/e605

Journal of the Association for the Study of Australian Literature
http://www.nla.gov.au/openpublish/index.php/jasal

Open Publish
http://www.nla.gov.au/openpublish/index.php/index/index

About the Site
http://www.nla.gov.au/openpublish/index.php/index/about

Australasian Journal of Victorian Studies
http://www.nla.gov.au/openpublish/index.php/AJVS/index



学術論文誌を電子出版。オープンソースCMS「Open Journal Systems」を利用。それからデザイン、筑波大学との産学協同プロジェクト
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=55007

筑波大学との産学協同で、学術論文誌を電子出版。オープンソースCMS「Open Journal Systems」を利用 | それからデザイン | 共同通信PRワイヤー
http://prw.kyodonews.jp/open/release.do?r=201003248305

【プレスリリース】筑波大学との産学協同で、学術論文誌を電子出版。オープンソースCMS「Open Journal Systems」を利用 | スタッフブログ | 株式
会社それからデザイン sole color design Co., Ltd
http://blog.sole-color.com/?eid=1365793

Inter Faculty
https://journal.hass.tsukuba.ac.jp/interfaculty/index

Back Issues
https://journal.hass.tsukuba.ac.jp/interfaculty/issue/archive

ここまでデザインによくぞ手を入れた。ここまでできるんだとわかる。


京都大学図書館機構 - KURENAI: 応用哲学会の電子ジャーナル"Contemporary and Applied Philosophy"が創刊されました
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/bulletin/article.php?storyid=655

京都大学図書館機構 - KURENAI update : 応用哲学会の電子ジャーナル"Contemporary and Applied Philosophy"を創刊 by dlkyoto
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/wordpress2/index.php?p=43

Contemporary and Applied Philosophy
http://openjournals.kulib.kyoto-u.ac.jp/ojs/index.php/cap/

多分デフォルトのデザインと思われる。


これがわかりやすい。

応用哲学会:投稿手続きについて
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jacap/how_to_contribute.html

どこがわかりやすいかって、ユーザが、OJS全体で共通だというところ。この雑誌用のユーザのルールを定めているので、参考になる。
Tex作成作業料金が1ページ1000円というのがまたおもしろい。もともと相場があるんだろうか。Texの、書式のファイルを公開している様子がないのが少し気になる。
タグ:OJS
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

かんたん PDF EDIT


窓の杜 - 【NEWS】マグノリア、PDFに線や文字列を書き加えられる「かんたんPDF EDIT」を無償公開
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20101115_407062.html

PDFへ文字や図形を書き込めるフリーソフト「かんたんPDF EDIT」
http://freepdfsoftware.web.fc2.com/report/kantanpdfedit.html

「かんたん PDF EDIT」を試してみる - 素直研究所 - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/sunaolabo/diary/201012020000/
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次世代プロトコルWebDAV


WebDAVとは【Distributed Authoring and Versioning protocol for the WWW】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典
http://e-words.jp/w/WebDAV.html

httpを拡張して、「Webコンテンツなどの編集(Authoring)やリビジョン管理(Versioning)を行うことを目的に規定されたプロトコル」

プロトコル。

次世代プロトコルWebDAVの可能性 技術仕様徹底解説(1/2)
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/special/webdav/webdav01a.html

下に、Linux Squareフォーラム WebDAV関連記事 というリンクあり。


Webフォルダサーバー構築(WebDAV) - Fedoraで自宅サーバー構築
http://fedorasrv.com/webdav.shtml

WebDAV によるファイル転送(ブラウザを利用したファイル転送)
http://www.ex.media.osaka-cu.ac.jp/webdav-m/index.html

しかし、あまりわかっていないから、記憶にも残りにくいのだった。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

大学図書館近畿イニシアティブ

大学図書館近畿イニシアティブ
http://wwwsoc.nii.ac.jp/initia/index.html
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冊子なし電子ジャーナルのISSN取得


ISSNは国会がくれると思ってたが、ISSN日本センターと呼んであげるべきかもしれない。

ISSN日本センター | 国立国会図書館-National Diet Library
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/issn_03.html

あれ?国内出版のボーンデジタル born digital EJのISSN申請が書かれてる。

国内の出版地の表示のあるネットワーク系電子出版物(オンライン刊行物等)

1. 各号に分冊して刊行され、オンライン上でバックナンバーを見ることができるもの
2. データベースで、以下の3つの条件を満たすもの

継続して刊行される。
現在も刊行中である。
更新表示(更新頻度、最終更新日の表示)がある。

申請書の書式にも説明あり。
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/issn/sinseisyo.pdf


ここで検討してきた?

電子ジャーナル、デジタルアーカイブとISSN―第35回ISSNセンター長会議参加報告 | NDL書誌情報ニュースレター2010年4号 | 国立国会図書館-
http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/bib_newsletter/2010_4/article_01.html
NDL 書誌情報ニュースレター 2010 年4 号(通号15 号) 2010.12
http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/bib_newsletter/2010_4/2010_4.pdf
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

BioOneとUniBio Press

商品案内 BioOne
http://www.usaco.co.jp/products/bioone/

UniBio Press
http://www.unibiopress.org/

UniBio Press
http://unibio.repo.nii.ac.jp/index.php

あれ?WEKO

ユサコニュース
http://www.usaco.co.jp/u_news/un2fc193.html#4


講演会「UniBio Press の挑戦−学会の新しいビジネスモデル」を開催しました - 茨城大学図書館
http://www.lib.ibaraki.ac.jp/news/news.html

BioOne.2 トライアル | 東京大学附属図書館
http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/news/news/BioOne2_trial.html
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

ボーン・デジタルの情報学

ボーン・デジタルの情報学
2009月9月から2010年6月までの記事。

ボーン・デジタルの情報学|美術館・アート情報 artscape
http://artscape.jp/study/born-digital/backnumber.html

第1回:生まれながらのデジタル情報:ボーン・デジタルの情報学|美術館・アート情報 artscape
http://artscape.jp/study/born-digital/1208560_2772.html
第2回:巨人の肩の上に立つ:ボーン・デジタルの情報学|美術館・アート情報 artscape
http://artscape.jp/study/born-digital/1209428_2772.html
第3回:電子ジャーナルの時代:ボーン・デジタルの情報学|美術館・アート情報 artscape
http://artscape.jp/study/born-digital/1211181_2772.html
第4回:オープンアクセス:ボーン・デジタルの情報学|美術館・アート情報 artscape
http://artscape.jp/study/born-digital/1212244_2772.html
第5回:CiNiiの挑戦:ボーン・デジタルの情報学|美術館・アート情報 artscape
http://artscape.jp/study/born-digital/1213228_2772.html
第6回:学術情報のアーキテクチャ、ボーン・デジタルの本質:ボーン・デジタルの情報学|美術館・アート情報 artscape
http://artscape.jp/study/born-digital/1215469_2772.html


このサイトのスタディのところ、おもしろそう。

慶應義塾大学 樫村雅章氏に聞く:『貴重書デジタルアーカイブの実践技法────HUMIプロジェクトの実例に学ぶ』出版について:デジタルアーカイブ
スタディ|美術館・アート情報 artscape
http://artscape.jp/study/digital-achive/1224651_1958.html
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

alt属性とツールチップ



掲示板/総合質問板/過去ログ/一覧/ alt属性の文字サイズを変更したいんですが - TAG index Webサイト
http://www.tagindex.com/kakolog/q1bbs/2601/3062.html

alt属性=IEのツールチップだと思いかけてた。やべ。

あれ?じゃあツールチップって、そんなに特殊なものなの?

FirefoxでTITLE属性のツールチップ内改行を有効にしたい
http://martin.p2b.jp/index.php?UID=1108701576

Firefoxのためには、title属性を使えばいいのですか。でも画像代替のために、altも必須ですね。

「IE8」では「alt」属性の内容がツールチップとして表示されない : Potato Tips : Potato Tips Shinjaga : html5で作ってみた
http://potato.2nd-half.jp/browser/internet_explorer/ie8alt.php

IE8からは、他ブラウザと似てきたのですね。

Firefoxで「alt」属性をツールチップとして表示するアドオン「Popup ALT Attributes」 : Potato Tips : Potato Tips Shinjaga : html5で作ってみた
http://potato.2nd-half.jp/browser/firefox/internet.php

Firefox アドオン - Popup ALT Attributes | Mozilla Japan
https://addons.mozilla.jp/firefox/details/1933

altがツールチップで表示されたのがバグだったと言い切ってる。

それはそうと、もともとはツールチップのポップアップ的なテキストのサイズを大きくするには、を、知りたかった。

ToolTip のフォントサイズを変更する - kagamihogeのblog
http://d.hatena.ne.jp/kagamihoge/20100113/1263381867
なんだかおかしいな。javaとかかしら。

*[備忘録][ツールチップ][ヒント][Autohotkey]ツールチップのフォン - a4techsの備忘録
http://d.hatena.ne.jp/a4techs/20071118

これは、見るほうが変える方法。

ToolTipのフォントサイズ変更: DOBON.NETプログラミング掲示板過去ログ
http://dobon.net/vb/bbs/log3-23/14164.html

ユーザが決められるように何もしない親切ね。たしかにフォントサイズをレイアウトのために指定するのは、本当はよろしくない。

まぁいっか。もともと、cssでポップアップ指定する方法もあることだし。
タグ:HTML
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

発掘調査報告書「抄録」


遺跡リポジトリの基本データとなってる、抄録。収録といわれると、論文のものかと思ったが、遺跡・発掘データ。

抄録解説 of 全国埋蔵文化財法人連絡協議会
http://www.zenmaibun.com/data/setumei.html

『行政目的で行う埋蔵文化財の調査についての標準(報告)』平成16年10月29日
http://www.bunka.go.jp/bunkazai/shoukai/pdf/houkoku_06.pdf

これをもって、抄録をつけるようになったのかな? 抄録をつけることが決まって、後に出された標準なのかな?
2004年か。


みつけた資料集

縄文学研究室//埋文関係法令集
http://www.jomongaku.net/horei/index.html



ついでに見つけたの。

高知県埋蔵文化財センター
http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~maibun/
高知県埋蔵文化財センターPDF_sites
http://pc2.sites-tosa-unet.ocn.ne.jp/pdf_sites/index.htm
埋蔵文化財発掘調査報告書
http://pc2.sites-tosa-unet.ocn.ne.jp/pdf_sites/report.htm
すでに自分たちで公開してる。しかし調べたら、遺跡リポの連携大学の高知大も含まれてた。同じ形式のデータベースにすることで、他都道府県と一括の検索ができるんで、ここからデータをもらって作り直すのかな。

posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

Firefox4終了時に、複数タブを保存させる

気が向いて、Firefox4にしたら、再起動後、前に開いていたタブが全部消えた。返せ。
Mozilla Re-Mix: Firefox 4終了時にタブの保存ダイアログを表示させる方法。
http://mozilla-remix.seesaa.net/article/193504948.html
fireofxボタンの履歴→セッション復元で、もとのタブを開くことができたらしい。が、もう何回もブラウザ再起動したので、見たかったページはすべてわからなくなった。使い方も悪い。

ともかく、上のページのとおり、about:config → browser.showQuitWarning を見ると、falseになってた。trueにして、configタブを閉じたらOK


posted by 川蝉 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

新年度になっていました

間があくと、なんだかとってつけたような感じになる気もしますが、それでも。
東日本大震災で被災された方に、心からのお見舞い申し上げます。
1日でも早い復興、というような表現を見て、「復興」という言葉に対して情けなくも正しくイメージできているかわからない気分になるので。多くの人が毎日少しずつでも、楽というか、心落ち着いたり、環境がよくなったりしますようにと、うまくない表現ですが、願っています。
伝え聞く話と自分の日常が違いすぎて、考えるとどんどん、失礼ながら下向きな気分になるので、ごく普通にすごしていました。募金は普通にしました。最初だけでなく、継続的にちょこちょこ、募金先を変えて続けたらいいような気がしてます。
うちの職場も、他の図書館同様、被災された方は学内者に匹敵するサービスを提供するとし、実際、図書館を訪ねてくる学生さんがいました。東北大学の学生証は、藤色というか、少し薄い赤紫をしているのですね。学章の萩にちなんでるのかな。うちを使う方は、今は帰省していて、授業開始が先なので利用登録した人が主だった気がしました。たまに、学内者に近い扱いといってもイコールではなく、けして十分なサービスではない気がすることもありました。
そんな中、消耗した様子の東北の学生さんが、雑誌論文をコピーしたり、大学のWebを確認したりし、そしてすごく感謝した様子でお礼を言って帰って行かれたときは、お礼を言っていただけるくらいには」役にたてたという、現場の喜びがありました。ささいなことだし、こちらは当たり前というか、単に仕事をしただけなのですが、お礼を言われるってやっぱり嬉しい。直で利用者さんと接するのはよいよ。
さて。異動して1年目で、なにがなんだかわからないことも多く、どういうわけか年度の後半ほど慣れるよりも仕事がまわらない気分になって色々つみあがっていたのですが、まさか異動はないだろうから2年目に頑張るぞと気合いをいれていたところに、年度の残り日数1週間を切る時分に内示が出て、異動しました。片付けと、残務整理と、引き継ぎ準備と、自分のデータ荷物整理のしんどかったこと。それに、なにも成し遂げたことがない。これをやったと、なにも言えず、多分、1年目だし〜とかあぐらをかかずに、もうちょっと頑張ったらできたことがあるんじゃないかと思うと、余計に情けなくてきつい気分になる。さらに異動先の前任者がひどく立派だと思うので、誰も比べなくても自分で勝手に比べて非常に落ち込む気分になったりもした不安定な3月でした。仕事は実は出戻り的な感じになるのですが、環境も方針もやり方も重点事項も違いすぎるし、1から学び直しです。やっていなかった仕事も多い。かつての経験が役に立つのって、せいぜい3割程度ではなかろうか。先が思いやられる。
またお世話になる方がたくさんいると思います。どうぞよろしくお願いします。
posted by 川蝉 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。