2009年06月27日

公共図書館でお勉強ネタ

丸山高弘の日々是電網 The First. : 公共図書館が、勉強する人を追い出してどうするの?
http://maru3.exblog.jp/8512140/

図書館で、テスト勉強だけの奴に場所を取られて席に座れないと、本当にムカツク。学生のテスト期間とかサイテーだった。こちらは図書館資料を利用したいのにと思う。特に、お昼とかでノートと辞書をいれこにして、ずっと不在の席とか、ホンマに腹立ったなぁ。
でも、図書館でテスト勉強をしたこともあって、勉強の合間にうっかりマンガに読みはまるのに反省すると同時に、それが図書館で勉強する醍醐味かと思う。醍醐味までいうと勘違いはなはだしいけど、気分転換で眺めた書架で出合った本がおもしろかったというのは、幸運な出会いだと思う。
自習室が、図書館とは別に部屋があって、入り口が図書館とは別になっていて、それが図書館の開館時間より長くて喜ばれている例を知ってる。
すると僕の経験のようなしょうもなくも幸せな出会いは起こり得ない。自習室が別のコーナーになっていると、図書館利用者を圧迫はしないけど、自習オンリーユーザが図書館ユーザにつながらない場合もありえるのじゃないかと心配する。
館内に、壁を作らず、ここは自習してもいいよコーナーを作ればいいのか?でも、今でも自習は不可と書かれていてもしてそうな方々がいるから、壁がないとどんどん増殖侵食しそうで心配か。
あと、そんなこと言いつつも、マンガやテレビ絵本がある図書館で児童を見ていて、書架のすぐ隣に普通の絵本があるけど、毎日毎日図書館に来ているというのに、そちらを見向きもしなかったりして、案外、それぞれの持つ壁は強固な場合もあるなぁと感じたりしたことがあって、だからヤングアダルトコーナーを作ったら便利だけど、大人の小説との垣根を作られたまま、自分からその垣根を越えることができるとしても、隣に本が並んでいるより遅くなったりしないだろうかと漠然と懸念したことがあった。
そういや、毎日毎日、自習だけしに来て、一切、貸出をしなかった利用者さんもいたなぁ。合間に書架の本を眺めたか眺めていないかはわからないけど。
結局、自習室と図書館の空間が同じであっても異なっていても、自習だけしに来て一切本を使わない人もいれば、壁を越えて図書館を使う人もいるだろうし、図書館に利用される要素があればいいだけやろうか。自習室が別だから図書館の開館時間より長く使えたりするのは、すごく意味があるとも思うけど。
でもなー。
希望としては、館内でも勉強できるといいし、なおかつ、勉強できないコーナーもあるといいと思います。勉強できないコーナーも必要だと思います。
じゃあ、自習室・館内勉強可コーナー・館内勉強不可コーナーの3本立てでお願いします(誰に?)
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122617477
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

[図書館][戯言] 逆に考えるんだ。「自習者は図書館資料を使っていない!」と言うなら自習者が使える図書館資料を揃えればいいんだ・・・と2年前にもう言っていた。
Excerpt: 図書館と自習者の話が盛り上がってますね。 発端 丸山高弘の日々是電網 The First. : 公共図書館が、勉強する人を追い出してどうするの? はてなブックマーク - 丸山高弘の日々是電網 The..
Weblog: かたつむりは電子図書館の夢をみるか
Tracked: 2009-07-04 03:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。