2014年01月17日

さよならAl-Mail

xpのサポート終了に際して、xpにしか対応しておらず、もはやアップデートしていないソフトは捨てろメールが来ました。ついに来ました。Al-Mailを使っている人は、Thunderbirdに移行せよ命令です。
辛い…。正直、身をちぎられるように辛いスよ(軽
何度も自分でも移行しようと思いつつ、シンプルイズベストのAl-Mailが捨てられないまま今に至りました。
しかしセキュリティを盾にされては仕方ありません。覚悟を決めました。
以下のソフトでメールを変換し、Thunderbirdのローカルフォルダへ突っ込んで、あとは自分でフォルダ整理せぇよということらしいで す。

komatの古往今来: ALM2Thunderbird
http://r0.komat.info/alm2thunderbird/

メールが多いので時間がかかることかかること。移行した後のフォルダ整理にも時間がかかります。
つぅかさ!!

Thudrbird 重いよね!!??

思い出しました、イラちなので、移行できなかったのでした。

Thunderbirdは積極的な新機能の開発はしない方針へ!乗り換えおすすめメールソフトベスト3! - ウェブソク
http://news.7zz.jp/news/1364.html

秀丸メールを検討しようと思います。
そういえば、前の上司はベッキメール使ってたことを思い出しました。しかし、バイナリなのでやめておこう。
ATOKよりIMEを使ってしまうくらいなので、手裏剣もやめておきます。

タイトルに戻りまして。
3月までは使えるかもしれませんが、ぐずぐずしてもしょうがないので、さよならします。
就職してから14年、お世話になりました。長い間使ったので、慣れてたし、詳しくなってたし、愛着がありました。
実はシェアウェアだったのにお金払わなくてすいません。職業的にオッケだったので。
本当にありがとうございました。

Al-Mailの好きだったところ
・赤いポストのデザインとシンプルな画面と動作
・ツリー構造のフォルダも軽いところ(Thunderirdはこれを開くのが重い。メールが多いからでもあるけど)
・画面がわりに小さく使えるところ
・トレイに格納できるところ
・格納した状態から戻すときにパスワードを設定できるところ
・設定したアカウント順にパスワードを求めてくるところ(Thunderbirdは毎回順番が違うようで困る)
・メールの受信をポップアックで(かわいく)表示するけど、タイトル等の情報は表示しないところ
・メアド入力画面は、IMEオフだけど、本文はIMEオンを設定できるところ
・新着メールのポップアックが時間がたっても消えないところ
・メアドの入力はメアドのままにしてくれるところ。余計な気をまわさないところ

でも、自己責任なので、多分家ではまだ使う。
タグ:AL-Mail
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385763671
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。