2011年05月10日

リポジトリにもワカチのヨミ



ヨミの表記及び分かち書き規則
目録情報の基準 第4版
http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/MAN/KIJUN/m4_11_3.html




大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構国立情報学研究所学術コンテンツ登録システムオンラインマニュアル
http://www.nii.ac.jp/nels/man/index.html

システムデータ記述手引 データ項目 | 国立情報学研究所学術コンテンツ登録システムオンラインマニュアル
http://www.nii.ac.jp/nels/man/descript/item.html
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日





JAIRO利用統計

http://jairo.nii.ac.jp/stats/



コンテンツタイプごとの詳細を見ると、けっこうアクセスされる大学が偏ってる機がする。名前を普段聞かなくても、ランクインしてたりいろいろ。

ロゴはあったほうがいい。大きさは、本当はもっとそろってるほうがいい。ふっつーのバナーサイズを指定すればいいのに。




研究資源アーカイブ映像ステーション ― 京都大学
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/inamori/archive/index.htm/

リポジトリとの関係はなにもないのかな。


城西大学機関リポジトリJURA 簡易検索画面
http://libir.josai.ac.jp/infolib/meta_pub/G0000002repository

Infolibさん。
あー、以前も見たな。

posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

オープンソースの機関リポジトリ用システム“IR+”FEDORA E-Prints


オープンソースの機関リポジトリ用システム“IR+”のバージョン2が公開 | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/node/17037
irplus - Institutional Repository Software - Google Project Hosting
http://code.google.com/p/irplus/

ちょっと、Eprints思い出す?
Viewing personal publication: IR+ Highlighted Features
https://urresearch.rochester.edu/researcherPublicationView.action?researcherPublicationId=11
Viewing personal publication: IR+ Manuals
https://urresearch.rochester.edu/researcherPublicationView.action?researcherPublicationId=16

リポジトリ用ソフト“FEDORA”に関するニュースレターが創刊 | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/node/7418
URL変わってる。

HatCheck Newsletter Archive ― Fedora Repository
http://www.fedora-commons.org/community/hatcheck/?searchterm=newsletter


EPrints
Open Access and Institutional Repositories with EPrints
http://www.eprints.org/

EPrints - Digital Repository Software
http://www.eprints.org/software/

ITmedia エンタープライズ:EPrints――世界に向けて発信
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0508/30/news012.html

Eprints.orgソフトウェア: 評価
http://www.nii.ac.jp/irp/archive/translation/review-of-eprints.html

学術機関リポジトリ構築ソフトウェア実装実験プロジェクト
http://www.nii.ac.jp/metadata/irp/dande.html
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リポジトリ用ソフト“Fedora”


リポジトリソフトで名前だけ聞くFedora。

Home ― Fedora Repository
http://www.fedora-commons.org/

よく考えたら、日本語化されていないから、誰も手を出さないのか?
読み方も、ふぇどら(頭アクセント)なのか、ふぇどーら(ドアクセント)なのか。

ともかくも、普通に検索すると、FedoraCoreばかり出るので、日々の記録の中を検索する。

[Fedora] - 日々の記録
http://d.hatena.ne.jp/zuki_ebetsu/searchdiary?word=%2A%5BFedora%5D

2007年にはあったのですか。バージョンは今、3になってるけど。
どうも楽しくなさそうなイメージ。

Fedora Repository 3.4.2 Documentation - Fedora Repository 3.4.2 Documentation - DuraSpace Wiki
https://wiki.duraspace.org/display/FCR30/Fedora+Repository+3.4.2+Documentation


FedoraComm Community (FedoraRepo) on Twitter
http://twitter.com/FedoraRepo


DCC、リポジトリ用ソフト“Fedora”の概要説明資料を刊行 | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/node/5084
Technology Watch Papers | Digital Curation Centre
http://www.dcc.ac.uk/resources/briefing-papers/technology-watch-papers
全然見方がわからんかった。

posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リポジトリソフト比較

Repository software survey, November 2010 ~ Repositories Support Project
http://www.rsp.ac.uk/start/software-survey/results-2010/

Multi-language Support が、 Fedoraだけ空欄。

あれ?Islandora/ Fedora ってなんだ。さっぱりわからないな。

Islandora
http://islandora.ca/

Explore a subject | Robertson Library
http://library.upei.ca/
この画面はおちつくな。


リポジトリソフト比較
Repository software survey, November 2010 ~ Repositories Support Project
http://www.rsp.ac.uk/start/software-survey/results-2010/

あらためて眺めてみる。フリーのものは、6種類。
DSpace    EPrints    Fedora    Islandora/ Fedora    intraLibrary    Zentity

Fedoraが空欄が多すぎる。
気になった項目。
Update Cost : intraLibrary に Commercial
Metadata Formats : Eprintは、Qualified DC が空欄
Web2.0:DSpaceとかEprintsとか軒並み空欄。
Cloud Storage : EprintsやFedora  なにができるのやら。
Eprintsは、javaじゃなくて、Perlなんですか!!だからどうなのかわからないけど、違うので反応。
Other Specifications:Islandora/ Fedora に、Drupal, Djatoka, OpenLayer
RoMEO Integration : なに? Eprintsは対応。
OAI-PMH Harvesting: Eprintsが空欄になっている! 刈り取るほうか。プロバイダの機能を持っているものをリポジトリソフトと呼ぶのか。
Cover Sheet Generation: Eprintsだけ。



学術機関リポジトリ構築ソフトウェア実装実験プロジェクト
http://www.nii.ac.jp/metadata/irp/dande.html

Open Access and Institutional Repositories with EPrints
http://www.eprints.org/

posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

Earmas(アーマス:リポジトリソフト)

遺跡リポジトリで使われているソフト。

株式会社ENUTechnologies/コンテンツ管理ソフトウェア(Earmas)
http://www.enut.jp/html/software_earmas.html

150万くらい。1台のサーバで2つのリポジトリを持ちたかったら、140万ってこと?割安に思えてしまう(自力よりは当然高い)。わりに使いやすいのかな。鳥取や山口の共同リポジトリにも使ってるとゆーことは。

http://www.enut.jp/html/services.html#sv_id1
Earmasには1物理サーバ内なら無制限にシステムを構築できるサーバライセンスがあります。
なんか、印象よさげなのかな。

会社名が読まれへん。島根の会社
http://www.enut.jp/html/aboutus.html

Earmas Enut ARchive and MAnagement System
http://www.enut.jp/earmasdemo/Index.e
デモサイト。

あ、肝心の会社トップ忘れてた。

株式会社ENUTecnologies
http://www.enut.jp/index.html
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IRちぇっくは趣味です

趣味というしかないな。馬鹿だなぁ。こちらに力注いではいかんよ。別に担当に戻りたいのではない。今、頑張りたいこと、一応あるし。
ランキングから。

TOUR: Tohoku University Repository: ホーム
http://ir.library.tohoku.ac.jp/re/
バックに模様?がついてる。

広島大学 学術情報リポジトリ
http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/portal/
外見かわったなー。

関西大学学術リポジトリ Kansai University Repository: ホーム
http://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/

札幌学院大学学術機関リポジトリ Sapporo gakuin university: ホーム
http://sgulrep.sgu.ac.jp/

聖路加看護大学図書館 SLCN @rchive:SLCN Repository: ホーム
http://arch.slcn.ac.jp/
なんというか、IR日本語名もコピれるようにしてほしい。

大阪女学院:DSpace at My University: ホーム
http://ir-lib.wilmina.ac.jp/dspace/

長崎県立大学学術リポジトリ:RUON
http://reposit.sun.ac.jp:8080/xmlui/
できてたんだ。英語名を、University of Nagasaki とするのはどうなのか。Prefectureいれないの?
RUON
http://ruon.sun.ac.jp/
こっちのページとの関係はどうなってんだろ。

JICA: Home
http://repository.ri.jica.go.jp/dspace/
できてたんだ。

ほんで、IRリストから。

総合研究大学院大学機関リポジトリ
http://ir.soken.ac.jp/
お。ネットコモンズじゃなくて、Wekoですな。

総研の右のリンクから。

JAXA Repository - TOP
http://repository.tksc.jaxa.jp/

これ、なに使ってるの?わからない。

上越教育大学リポジトリ Joetsu University of Education Repository: ホーム
http://repository.lib.juen.ac.jp/
うーん、記憶に薄い。見てない気がするんだが。

富山大学学術情報リポジトリToRepo DSpace at University of Toyama: ホーム
http://utomir.lib.u-toyama.ac.jp/
山なみの背景がついてる

KURA : ホーム
http://dspace.lib.kanazawa-u.ac.jp/dspace/
北大みたいな四角いのを作ってるんだが、テキストが小さいです。

山梨大学学術リポジトリ
http://www.lib.yamanashi.ac.jp/repository/
最初の画面を覚えていないけど、キレイに整理された画面の印象。
単に僕が山吹オレンジが好きだからか?

大阪教育大学リポジトリ Osaka Kyoiku University Repository: ホーム
http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/
久々に見ると、あちこちロゴまわりが変わってるな。しばらく公開してると、イメチェンを葉からねばならない気分になるのか、最初のロゴはやっつけなのか。

鳥取大学研究成果リポジトリ
http://repository.lib.tottori-u.ac.jp/Repository/Index.e
遺跡リポジトリのシステムだ。名前忘れた。検索してもうまく見つからない。アーマドとかアマンドとか音が頭をめぐるけど、だめだ。
しかし、見つけた。http://rarcom.lib.shimane-u.ac.jp/general/doc/2009CSIIsekiRepo.pdf
Earmas だって。
鳥取は、たしかDSpaceで試験してたんだけどね。

Kochi University Repository: ホーム
https://ir.kochi-u.ac.jp/dspace/
オレオレ証明書になってるよ?

九州大学学術情報リポジトリ : Kyushu University Institutional Repository (QIR)
https://qir.kyushu-u.ac.jp/dspace/
こちらもURL欄が真っ赤で印象よろしくないですよ。ところが、別のページに行くと、URLが緑色になる不思議。
https://qir.kyushu-u.ac.jp/dspace/
https://qir.kyushu-u.ac.jp/info/index.php?gakui_kyodaku こっちは緑。
dspace以下は赤いのか?
QIR用Googleを作ったのはなんでだろう。PDFにOCRかけてないなら、Google様のほうが、全文検索対象が多くなるけど。

佐賀大学機関リポジトリ: ホーム
http://portal.dl.saga-u.ac.jp/
が、画面かわってるー!(あがぁ。。。。)目に眩しい緑だが、Nalis-Rデザインから脱却してるのはわりによい印象。

長崎大学 学術研究成果リポジトリ NAOSITE: ホーム
http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp/dspace/
CSS触れるようになりましたという色具合と、2か月くらいで変更されるロゴだよ。6月の紫陽花は好きだったし、11月のくんち龍踊りが美しかった。2月はきっとランタンになるはずなので楽しみにしてるのだ。あ!1月は、うぐいす初日の出があったはずなのに。かわいいのに使わないのかね。
今年の4月以降が、去年と同じになるのか気になる。

熊本大学学術リポジトリ Kumamoto University Repository System: ホーム
http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/
こちらもすごく変わってる。さよならNalis-R.トップに新着情報が出てるうえ、ランキングが出てるのが珍しい。
IRロゴからIRトップに戻れず、大学サイトへ行く画像のほうが大きいというのも、わりかし珍しいと思う。

青森県立保健大学リポジトリ - A-plus(アプラス)
http://a-plus.auhw.ac.jp/
かわいい!!!かわいいよ!過去の写真が、(見せ方はともかく)見れるのもいいな。ずにぷすをこんな風なデザインにしてるのもステキだ。
しかも!右上の画面カラー(テーマ)を変えたら、全然違う感じになる!!
いやー、リポジトリ機能としては全然意味がない部分なんだけど、うっかり相当テンションあがった。雪うさ写真もあって、落ち着くし、Greenが好きだ。
名前が公募で、応募者の名前も書いてあるのも、愛称に対して好印象を抱かせる。

福島県立医科大学学術成果リポジトリ ホーム - Fukushima Medical University Repository
http://ir.fmu.ac.jp/dspace/
見たことあるのかないのかもわからない。医科大学だからないよね?2010年6月公開だ。ないな。

新潟県立看護大学リポジトリ Niigata college of nursing repository: ホーム
http://repository.niigata-cn.ac.jp/dspace/
あ、ここは、DRF-MLで名前の話を見たような。
右サイドバーが、こんな感じのが多いねんな。

都留文科大学機関リポジトリ TRAIL(トレイル) DSpace at Tsuru University: ホーム
http://trail.tsuru.ac.jp/dspace/
へぇ。左サイドバーの色つかいが気になります。なぜこの色なのかな。
サイドバーに色つけるって、僕にとっては高度だったよ?

InfoLib 大阪市立大学 学術機関リポジトリ 簡易検索画面
http://dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp/infolib/meta_pub/G0000007repository
InfoLibだと思ったら、ヘッダタイトルに書いたままだった。
ヘルプボタンが動きません。消せないのかな。
図書館や大学へのリンクがないね。図書館には、公開データベースから行けるけど。リンクが作れないわけではなさそうだけど。

大阪府立大学学術情報リポジトリ OPERA Osaka Prefecture University Repository: ホーム
http://repository.osakafu-u.ac.jp/dspace/
最新登録資料も、表示されるようになってきたが、自力なのか業者なのか知りたいよ。自力でできなかったので。
右サイドから目立ってた。
本学紀要論文の著作権者へのリポジトリ公開許諾のお願いとお知らせ|大阪府立大学
http://www.osakafu-u.ac.jp/news/2010/20100914_2.html

USAGI(University of Shimane Academic and Global Institution repository) 論文データベース 公立大学島根県立大学
http://sir.u-shimane.ac.jp/infolib/meta_pub/G0000002rbn
DRF-MLから見た、うさぎロゴにテンションあがったところ。かわいい。うさぎに弱いのか自分。

城西大学機関リポジトリJURA 簡易検索画面
http://libir.josai.ac.jp/infolib/meta_pub/G0000002repository
Infolibも増えてるんじゃん。背景写真は、なんでこれなのかな。

聖学院リポジトリ
http://serve.seigakuin-univ.ac.jp/
わ、印象違う。
聖学院リポジトリ - Just Use it!
http://serve.seigakuin-univ.ac.jp/reps/
中入っても印象違うけど、XooNIpsだ。

青山学院図書館 - リポジトリ
http://www.agulin.aoyama.ac.jp/repo/
javaを切ってると動いてもくれないE-Repositoryよ。中に入ると、あまりにも愛想がない画面。
http://www.agulin.aoyama.ac.jp/meta-bin/bs-brows.cgi


Σ*(シグマスター)慶應義塾大学理工学部 ホーム
http://iroha.scitech.lib.keio.ac.jp:8080/sigma/
そこはかとなくかわいい。サイドバーの左右が違うDSpace。ちょっとしたことだけど、僕にはできないような気がしたり。ひそかに高度。

上智大学学術情報リポジトリ DSpace at My University: ホーム
http://repository.cc.sophia.ac.jp/dspace/?locale=ja
背景色やや濃いような。
利用統計とかがボタンになってるだけで、印象違う。

東京家政大学機関リポジトリ Kasei Repository
http://ir.tokyo-kasei.ac.jp/portal/
E-repositoryは、表紙の印象がわからないな。デフォはどんなだっけ?みんな表紙は力入れてるような。

IRUCAA@TDC : 研究者ページ 野口 英世
http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/researcher?action=viewResearcherPage&researcherId=6
え!なんでヒディーさんが!

野口英世と東京歯科大学
http://www.tdc.ac.jp/noguchi/index.html
「野口英世の生涯」のプルダウンが、Firefoxだと動かないのが腹立たしい。高山歯科医学院が東京歯科大の前身なのか〜。

東京女子大学学術情報リポジトリ TWCU-Repository
http://opac.library.twcu.ac.jp/portal/index.htm
E-Repository。まぁこうゆう表紙か。
「発行から公開までには多少時間がかかります。」は、別に書かなくてもいいように思うのだが、そんなにもラグがあるのだろうか。

中部大学学術情報リポジトリ Chubu University Digital Archives : Chubu University Repository
http://ir.bliss.chubu.ac.jp/
これはどこかのOPACデザイン。iLisSurf 富士通なのか。
リポジトリ登録タイトルリストがあるのはいいのだが、タイトルからリンクをしてほしいところ。
http://ir.bliss.chubu.ac.jp/retrieve/ir_list.html

KANAGAWA University Repository: 貴重書
http://klibredb.lib.kanagawa-u.ac.jp/dspace/handle/10487/4199
かっこいい写真。
学位論文ボタンが死んでるのはいただけない。

龍谷大学学術機関リポジトリ R-SHIP Ryukoku University Institutional Repository: ホーム
http://repo.lib.ryukoku.ac.jp/jspui/
右サイドがこんな感じなのは、どこかの業者の趣味なんだろうか。

関西大学学術リポジトリ Kansai University Repository: ホーム
http://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/
左サイドの、ヘルプとDSpaceについても、わりに律儀に残されているなぁ。

Nara University Repository - 奈良大学リポジトリ
http://repo.nara-u.ac.jp/
XooNIps 画面白いな・・・
XooNIps検索 は、XooNIpsを消したほうがよいかと思われる

Welcome to 就実学術成果リポジトリ - 就実学術成果リポジトリ
http://repository.shujitsu.ac.jp/
Welcome to 津山工業高等専門学校学術成果リポジトリ - 津山工業高等専門学校学術成果リポジトリ
http://repository.tsuyama-ct.ac.jp/
岡山の共同がまた増えてた。

Welcome to 環太平洋大学研究成果リポジトリ - 環太平洋大学研究成果リポジトリ
http://repository.ipu-japan.ac.jp/
ずいぶんロゴで印象が変わる。

別府大学地域連携プログラム XOOPS Cube Site - Just Use it!
http://bud.beppu-u.ac.jp/xoops/
別府は、共同?も持ってるの?
ロゴのフォントはどうなんだろう。軟派趣味。誰か硬派な年配目の方々が文句をいいそうなものだがなかったのか。

アジア経済研究所 学術研究リポジトリ ホーム: Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE)
https://ir.ide.go.jp/dspace/index.jsp
デザイン変わってた。トップに戻るのが右ロゴで、左ゴロからJETROのトップに行くのはいかがなものか。

JAMSTEC機関リポジトリ - TOP
http://www.jamstec.go.jp/jir/infolib/meta_pub/G0000002REP
InfoLib

山口県大学共同リポジトリ : 維 新
http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/CrossSearch/
Earmasだ。山口もすげーなー。

ホーム: 新潟県地域共同リポジトリ
http://nirr.lib.niigata-u.ac.jp/
参加大学のバナーの数が多いよ。


巡回終了。








posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

リポジトリランキング2011年1月

別にチェックしてたわけじゃないけど、えらくタイミングよく更新を知る。

Ranking Web of World Repositories: Top Repositories
http://repositories.webometrics.info/toprep.asp

すっごい増えたね。新顔多数。でもってランキング変動。正しく北海道が上位に。でもって3位に長崎だよ…!驚きに震えるな。信州もあがったなー。お茶の水が下がってる印象。
山口や山形や奈良女は、前もいた(ランクインしてた)のかどうか覚えていない。
別にどれもちゃんと覚えていないけど。そして、以前のランクメモはなくした。つうか、血と汗と涙のリポジトリ担当時代のファイルは、まるまる消えた。頼み込んでいつかコピーさせてほしいよ、仕事記念に。

WORLD RANK REPOSITORY SIZE VISIBILITY RICH FILES SCHOLAR
6 Kyoto University Research Information Repository 13 8 6 22
9 Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers 41 12 49 24
26 Nagasaki University Academic Output 93 25 40 156
30 University of Tokyo Repository 96 35 119 52
32 Tohoku Unviersity Repository 68 48 47 71
33 Kyushu University Institutional Repository 94 17 76 341
35 Waseda University Dspace 107 37 22 297
36 Kanazawa University Repository for Academic Resources 84 50 26 117
40 Hitotsubashi University Repository 108 41 50 236
51 Chiba University Repository 405 15 64 372
52 Nagoya University Repository 211 45 117 82
88 Ochanomizu University Web Library Institutional Repository 83 70 81 714
93 Tokyo Gakugei University Repository System 110 76 235 411
95 Shizuoka University Repository 186 133 129 139
96 Shinshu University Institutional Repository 269 111 92 190
98 Hiroshima University Institutional Repository 31 27 29 1,042
113 Yamaguchi University Navigator for Open access Collection and Archives 151 85 164 693
119 Kumamoto University Repository 149 119 89 656
123 Hirosaki University Repository for Academic Resources 180 157 168 321
130 Osaka Kyoiku University Repository 58 123 187 730
146 Japan Advanced Institute of Science and Technology Repository 157 268 106 201
152 Otaru University of Commerce Academic Collection 341 200 127 230
166 Tokyo Women's Medical University Information & Knowledge Database TWINKLE 119 421 44 195
168 Gifu University Institutional Repository 165 131 293 699
176 Yokohama National University Repository 223 275 128 273
186 Gunma University Academic Information Repository 648 147 276 264
194 YOU Campus Repository Yamagata Prefecture Universities 219 107 354 804
196 Meiji University Academic Repository 278 183 459 256
209 Mie University Scholarly E-Collections 257 342 124 337
210 Nara Womens University Digital Information Repository 424 156 440 435
214 University of the Ryukyus Repository 593 144 392 467
219 Iwate University Repository 181 382 189 314
224 Utsunomiya University Academic Information Repository 309 269 230 443
252 Aichi University of Education Repository 306 260 253 625
259 University of Toyama Repository 382 264 366 448
296 Shiga University Repository 323 342 388 406
306 Hosei University Repository 520 330 441 235
319 Kyushu Institute of Technology Academic Repository 242 522 207 404
326 Akita University Institutional Repository System 295 279 364 773
331 Community Repository University of Fukui 574 327 443 323
337 Kwansei Gakuin University Repository 301 325 321 749
345 Kitami Institute of Technology Repository 492 319 426 567
353 Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine Academic Repository 310 504 252 512
354 Hokkaido University of Education Repository 445 393 393 498
359 Tokyo Dental College Repository 382 447 267 636
371 Kochi University of Technology Academic Resource Repository 626 313 500 606
385 Doshisha University Academic Repository 706 283 588 572
396 National Museum of Ethnology Minpaku Repository 311 610 212 578

ランクが、なんと1185まで続くよ!!400で力尽きる。
筑波がえらい下だな。福井が、共同のほうがかなり上?
こんなにたくさんライクインして、ほとんど日本の全部入ってるのかと思ったが、やっぱり全部ではないね。ならば、相当下位でも、ランクインしたことを自慢できるのか。
posted by 川蝉 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

junii2 チェックツール


OAI-PMHバリデーター:tech/note/general/OAI-PMH validator - DRF wiki
http://drf.lib.hokudai.ac.jp/drf/index.php?tech%2Fnote%2Fgeneral%2FOAI-PMH%20validator
o リポジトリのOAI-PMHの配信設定が、XMLスキーマおよびjunii2ガイドラインにもとづいたものになっているか検証して、簡易テストできるツールを作成しました。Webから簡単に確認できるデモツールがあります。
JuNii2 Validator
http://kagaku.nims.go.jp/~masao/junii-validator/

担当してたirチェックしたら、JuNii2の名前空間が古いといわれた。がーん。
つうか、試したら、デモの大学でも、名前空間けっこうふるいままだった。ちょっとほっとした。
デモ大学にエラーがいっぱいでてると、ほっとするよ。実際は、別にたいしたエラーじゃなかったりするけど。1ヶ月にすると、ほとんどエラーもなくなる。

これ、入力エラーがよくわかるなぁ。とてもすばらしい。がんがん使えばいいよ。旧担当IRが、1ヶ月でも全体でも、エラーが2つしかでなかったんだけど、本当か?


で、JuNii2 名前空間。 何が変わったか見てみた。

(旧)
<schema>http://ju.nii.ac.jp/oai/junii2.xsd</schema>
<metadataNamespace>http://ju.nii.ac.jp/junii2</metadataNamespace>

(新)
<schema>http://irdb.nii.ac.jp/oai/junii2.xsd</schema>
<metadataNamespace>http://irdb.nii.ac.jp/oai</metadataNamespace>


ju.niiのままのところは、irdbに変えなくちゃ。

古いとどんな害なのかな。古いからちゃんとエラーがチェックされないとかじゃないよね。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DRFtechがさらに充実してる


いい加減、気持ちをリポジトリから離すのがいいのかな。もうあちこちに興味を持てる年じゃないから。
それよりもっと、利用者サービスとか、大学教育とか、そっち方面にアンテナを持たねばならん気がする。

そう!あんまり余所見してると、やらなくちゃいけないほうに神経行き届かないよ。全然関係ないけど、男性が精神的に浮気すると、資源が浮気先に行って、自分とこの遺伝子保存のために使われるべき資源が減るので女性はより怒るという社会心理学の授業をふと思い出した。(男性は女性が肉体的に浮気すると自分の遺伝子が残らないので、そっちをより怒る。放送大学の授業にあった)

ともかく、あんまり余所見してちゃ、ダメな気がするお年なんだよ何度も言うけど。



そんなこと思いつつ、うっかりtechページみたら、充実してて、おもしろいよなー!

DRFtech-Karuizawa2010 - DRF wiki
http://drf.lib.hokudai.ac.jp/drf/index.php?DRFtech-Karuizawa2010

ある意味、担当じゃなくてよかった。あちこちのぞきまくるよ。
みなさん、とても細かく書かれてて、これくらい書いてもらったら、せっかくdrf-wikiにあるけど、自分にはわからんというもどかしさは、あまりなくなるのかな。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PDFチェックツール

PDFチェックツール (pdf-checker)
http://masao.jpn.org/software/pdf-checker/


おもしろそーだなーって思う。手元に大量のPDFとかあるなら、即行ためすんだけど、もちろん別にそんなものはない。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

補遺:OAI-PMHの実際

補遺:OAI-PMHの実際
兵庫県大学図書館協議会21年度研究会
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/AULH/katsudo/21/kenkyu
/
「メタデータ・著作権」土出 郁子 氏(大阪大学附属図書館)
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/AULH/katsudo/21/kenkyu/tutide.pdf

これの最後2ページの、補遺:OAI-PMHの実際が、わかりやすい。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

SCPJとSHERPA/RoMEOからデータを取得

SCPJとSHERPA/RoMEOからデータを取得するテスト
http://www12.ocn.ne.jp/~zuki/work/publisher.html

SCPJ API公開と典拠コントロール、Yahoo Pipes - 日々の記録
http://d.hatena.ne.jp/zuki_ebetsu/20100422/1271926402
posted by 川蝉 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

共同リポジトリプロジェクト報告書

ShaRe 共同リポジトリ:モデルの構築と普及
http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/share/share.html

共同リポジトリプロジェクト報告書
http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/share/seika/ShaReReport.pdf

佐藤義則 “機関リポジトリのコスト分析”. 平成21年度CSI交流会Part4 特別発表
http://www.nii.ac.jp/irp/event/2009/debrief/pdf/4-5_CostStudy2008.pdf

これ、行ったんだけど、もはや記憶がない。おかしいな。
posted by 川蝉 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

SCPJリニューアル

リポジトリ担当者じゃなくなりました(あちこち連絡していなくてすいません)。
しかし、なんというか、気持ち逃避でリポジトリを引きずってみる。

Society Copyright Policies in Japan
http://scpj.tulips.tsukuba.ac.jp/index/

全面リニューアルってどこが?って思ったけど、全部ポリシーを調べなおしたとあるので、懸念というか、個別に確認したらポリシーが違ってたから要注意だった、生化学会のJBを見たら、ちゃんと著者版になってた。

Society Copyright Policies in Japan
http://scpj.tulips.tsukuba.ac.jp/detail/society/id/889

ただ、OUPでは12ヵ月後だったけど、これはSCPJを信用して、エンバーゴなしでよさげ。

ずっと作成中だった、図書館用のページとかもできてた。

図書館の方へ - Society Copyright Policies in Japan
http://scpj.tulips.tsukuba.ac.jp/info/librarian.html
APIについて - Society Copyright Policies in Japan
http://scpj.tulips.tsukuba.ac.jp/info/api.html

スタッフとか、なればいいのにと思うが、口出しするのもいかんよな。
なんだろう。未練がましいぞ自分。
posted by 川蝉 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

DSpaceのヘルプ

なんで、英語と日本語と切り替えられるんだ?
help.indexというのが、どこから来たのかがわからん。うまく検索できねぇな。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

Junii2Crosswalk.javaを眺める

http://www12.ocn.ne.jp/~zuki/Japanization/others/Junii2Crosswalk.java

creator:none がコメントアウトされてる。

"subject:bsh", の "BHS" は、BSHやないやろか。

"description:abstract"しか指定していない。他のdescriptionも出していいと思う。

thesis と proceeding というメタが、DSpaceのほうに、あるのやろか?
9.junii対応のメタデータ定義ファイル 中にはなさげやった。
http://www12.ocn.ne.jp/~zuki/Japanization/config/dublin-core-types.xml
"MakeThesis"と "MakeProceeding" って書かれてて、Makeから始まってるから、前のページの「データ発生」らしいけど、なんやろ。前のクロウォークにはなかった。そういや、DSpaceって、なんか学位論文を別扱いしてそうな機能があるように説明書で見かけた気がする。DSpaceの新しいバージョン用やろか?

しかし、変更しても、ハーベスト分が4/1まで反映されないそうなので、なにかマズいことが起こらないかどうか、確認できんじゃん。ハーベストはされるから、エラーが出るのかな? NIIもなにかガイドライン対応してるのかなー。CiNiiとの関係かしらん。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

junii2ガイドライン公開

junii2ガイドライン│学術機関リポジトリ構築連携支援事業 
http://www.nii.ac.jp/irp/2010/03/junii2_guide_1-0.html

遅いよー。1月末までだったじゃん。待ちきれなくて、つい最近、フライング対応しちゃったよー。
そしたら、雑誌タイトル別言語並列許容になってたよー。えー。別入力項目作って、過去分も全部分離しちゃったよー。
まぁ、そっちのほうがいいと思うので、いいんだけどさー。
いや、CiNiiにいったときに、やっぱり情報量が少ないかな(もともと、それがイヤだったのだ)
たいていは、もともとデータがあるかなー?CiNiiに登録がないもので、雑誌名に別言語を持ってるのって、どんくらいあるかなぁ。

対応とるべく、クロスウォークページを見てて、トップに戻ったら、3/4更新になってた。リロードしたら、バージョンがあがってたよ。

DSpace用junii2クロスウォーク
http://www12.ocn.ne.jp/~zuki/Japanization/others/crosswalk.html
http://www12.ocn.ne.jp/~zuki/Japanization/others/Junii2Crosswalk.java

今回、直前バージョンに対するパッチがない。言語まわりとか、かなり変更してるからなか?
言語2文字→3文字になってると思うのだけど、ValidateLanguage だけでそれができるらしいのが不思議。


ページの下に、またなんか増えてる!と思ったけど、履歴見たら、昔からあった。なんなのかわからないと、記憶できないのだな。ようやっと今にしてアレのことかと思い至る。福井の共同リポとかがやってる、ハーベストして入れる奴だよね?

OAI-Harvesterを使ったDSpaceインポートデータの作成
http://www12.ocn.ne.jp/~zuki/Japanization/others/make-import.html

ほんで、それを使うときに、こっちも必要なんやなきっと。
OAI-HarvesterのJUNII対応
http://www12.ocn.ne.jp/~zuki/Japanization/others/oai-harvester.html
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

城西大学機関リポジトリJURA

Googleアラートに載ってきたので。

InfoLib 城西大学機関リポジトリJURA
http://libir.josai.ac.jp/infolib/meta_pub/G0000002repository

posted by 川蝉 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

Xoonipsカスタマイズ例


聖学院リポジトリ - Just Use it!
http://serve.seigakuin-univ.ac.jp/reps/
画面の表示が、手を加えると、ホントよそと違う印象になるなぁ。

posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関リポジトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。