2010年07月28日

DSpace1.6.0

[drf:1748] DSpace1.6.0
http://drf.lib.hokudai.ac.jp/drfml/msg01736.html

DSpace1.6で日本語全文検索: 日々精進
http://mhrz.asablo.jp/blog/2010/04/04/4995275
DSpace1.6のインストールメモ6: 日々精進
http://mhrz.asablo.jp/blog/2010/04/04/4994475

DSpace Manual Release 1.6.1
http://www.dspace.org/1_6_1Documentation/
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

dspaceのURLからdspaceをはずす

このヘン。
http://barrel.ih.otaru-uc.ac.jp/index.jsp
http://ir.tdc.ac.jp/
http://repository.ul.hirosaki-u.ac.jp/

どうやんのかなーと思ってたら、ちゃんとあったよ。

BaseURLからdspaceをはずす - 日々の記録
http://d.hatena.ne.jp/zuki_ebetsu/20080707/1215416835

なんという詳細さ。そうか。tomcatのwebappの下のROOTになればいいのか。
統計に手をいれるのが、面倒くさいなー。patchがあるのに、ものぐさ。
ま、いいやー。

そういや、北大は、/ にアクセスすると、 dspace/に飛ぶので、refleshをかけているだけ疑惑。それでいいけど。別にBaseURL云々で必要に思っているわけではないので。
あれ? refleshだと、戻っても再び飛ぶのでループするのけど、それはないから別の方法だな。多分、リダイレクトというのと思う。httpd.confに書く奴。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

北大dspaceの春バージョン


国会のweb収集の通知が来たので、他大学リポジトリのrobotx.txtがどうなっているか確認しに、例によって北から順という名目で、北大さんを見に行ったら、張るバージョンになってた。
春なんて、まだまだ先のくせに!!
北海道大学学術成果コレクション : HUSCAP
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/index.jsp
職場の子にいったら、あまりの春っぷりに、絶対自分はこんなデザイン思いつかない、かなわないと言ってた。
英語でいうなら、fluffy? だそうだ。ふわふわ。
日本語の「キャピキャピした」にあたる英語はなに?と聞いたが、うまいのはないらしい。flashy?とか言ってたけど、ちょっと違うと思う。
北大のデザイン、ふわふわよりも、きゃぴきゃぴしてるよ。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

著者名からリンクしてるところ

著者の一覧で、著者を指定して表示してるのか。検索画面だと、()がついたり、姓と名の両方の前にauthor:つけなくちゃいけないもんなー。
ここの大学は、自力なのか、違うのか。
室蘭・筑波・上越・金沢・静岡・宮崎・高知工
ブラウズ: Muroran-IT Academic Resources Archive
http://ir.lib.muroran-it.ac.jp/dspace/browse?type=author&value=%E6%B0%B8%E9%87%8E%2C+%E5%AE%8F%E6%B2%BB
つくばリポジトリ (Tulips-R): ブラウズ
https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/dspace/browse?type=author&value=%E6%AD%B3%E6%A3%AE%2C+%E6%95%A6
DSpace at Joetsu University of Education: ブラウズ
http://repository.lib.juen.ac.jp/dspace/browse?type=author&value=%E9%BD%8B%E8%97%A4%2C+%E4%B8%80%E9%9B%84
KURA : ブラウズ: 著者
http://dspace.lib.kanazawa-u.ac.jp/dspace/items-by-author?author=%E5%A4%AA%E7%94%B0%2C+%E4%BA%A8
SURE: Shizuoka University REpository: ブラウズ
http://ir.lib.shizuoka.ac.jp/browse?type=author&value=%E8%90%AC%E4%BB%A3%2C+%E9%9B%85%E5%B8%8C%3B+90377713
宮崎大学学術情報リポジトリ : ブラウズ: 著者
http://ir.lib.miyazaki-u.ac.jp/dspace/items-by-author?author=%E7%A5%9E%E6%BE%A4%2C+%E9%BE%8D%E5%B8%82
Kochi University of Technology Academic Resource Repository: ブラウズ: 著者
http://kutarr.lib.kochi-tech.ac.jp/dspace/items-by-author?author=%E5%B9%B3%E9%87%8E%2C+%E7%9C%9F

dspace.cfg に著者名がリンクになりそうな部分を見つけたが、trueかなんかにしても、別にそんなんならんし、みんなちゃんとItemTagに手をいれてんのかな。
リンクにする方法は、タナボタでわかった。

そのほか、自分のところの大学の、研究者のページに飛ぶ大学。
名前の横にアイコンが出ているタイプは、多分けっこう見落とした。
小樽・東北・信州・名古屋・京都・京都工繊・大教・九州・明治
リンクコピってたけど、面倒な気分になって消した。

東北大のトップが重い。つーか、「研究者紹介」っておもろいな。だいたい総覧なのに。親切なのかな?
東北大学研究者紹介
http://db.tohoku.ac.jp/whois/TunvTopJ.html

posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

感心したからめも

OCR処理支援ツールでPDF更新したら、itemのlast_modifiedも更新するのか!!
ハーベストされた。ちょっとすげー。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

DSpaceでManakin使用例

あ、そうそう、manakin探してたんやった。
Digital Initiatives :: Manakin
http://di.tamu.edu/projects/xmlui/manakin/
デモサイトにアクセスできんやんか!
でもここはmanakin使ってるよね?ここのリポジトリはこれらしい。ブラウザの言語に併せて、日本語を表示するのがいじましい。
http://txspace.tamu.edu/
思ったよりすごくないなぁという印象。
あ、でも、こっちで紹介してるのは、すごい。テーマで全然変わるの?
http://www.apsr.edu.au/Open_Repositories_2006/scott_phillips.ppt
誰がテーマを提供するねん。自分たちで作るんやったら、大変に変わりないような。

関係ないけど、台湾は、日本のNTTみたいに、この↓デザインで提供する業者があるらしい?かなり凝ってる。すごい労力やな。
http://libir.tmu.edu.tw/
http://ntur.lib.ntu.edu.tw/
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DSpaceが東歯大ピックアップ

ちょっと、manakinでデザインしたDSpaceをどっかで見れないかなーと思って、DSpace.orgに行って、気が向いたので動画を見てみた。
DSpace Video
http://www.dspace.org/about-dspace/DSpace-Video.html

最初に、これ、ほんまにDSpaceでつくったん?ってゆーところの画像が出たのを皮切りに、とりあげる例はどれも、わりにデフォからかけ離れたところが多く、そして動画の後半で、日本からは唯一、東京歯科大のいるかちゃんの画像が出てきましたの。うん、あれはかなり手を入れてるもんな。
しかも、わりに早くからリポジトリを自力で作ってるとこだったもんなー。すげーなー。
今までソース見たことなかったけど、覗いたら、左のメニューのボタンのロールオーバーの部分は、普通にcssで書いてた。おもしろいのは、hoverすると、1つの画像の下側を表示してたよ。こんなやり方があるのか。

最近ですごくデザインに手を入れてるのは、北海道の医療系の奴だなー。アイヌ模様が美しい。FAQがエラーになるけど。
あと,
動画のラストに、DSpaceつかってるところをGoogleEarthで見せてくれます。1.アメリカ、2.ヨーロッパ、3.アジアですが、日本の狭い範囲に利用多いなーと思わせます。最初、アジアじゃなくて、日本だと思ったもん。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

HUSCUP X'masバージョン(推定)

なんで見たのか忘れたけど、ハスカップ見て、思わず「わーー」て言うたよ。
人のところのサイトをキャプチャしたるで。

huscup_Xmas.jpg

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/index.jsp

クリスマスバージョンやんね?かわいー。
昨日とか見てないし、多分28日出勤しないから確認できないけど。

うは! 本文ファイルのリンクの色まで変える、心配り。マメだ。

huscup_Xmas2.jpg

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/handle/2115/39185
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

また環境変数がらみで悩む

リポジトリサーバでtomcatの再起動を、init.dにある自動起動プログラムから行うと、javaのpathが別の場所に行ってる。
catalina.sh にそうなってるらしい?
dspaceの個人プロファイルで指定してるから、こっちからだと参照してないのだな多分・・・。
なんでこー、いちいち面倒なことになってんのかなぁ。

どうも、TOMCAT/startup.sh とかは、実体として、catalina.shを実行してるらしい。
catalina.sh は実行前に、setclasspath.sh を読み込んで?るらしい。
で、そこに書かれたJAVA_HOMEは、
JAVA_HOME="/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.5/Home"
思うに、これがデフォってことか。そこと違うところにうちがあるのか。うちは違うんだ。
わかんないが、面倒なので、そのへん一帯をコメントアウトして、export JAVA_HOME を直で書いてやった。今日も今日とて乱暴。
うまくいったらしい。


CATALINA_OPTSとJAVA_OPTSの違い | gmt-24.net
http://gmt-24.net/archives/297

あわせて、setenv.shを作ろうか?

Tomcatの起動スクリプトとか | gmt-24.net
http://gmt-24.net/archives/237

竹形誠司 ブログ:Java+MySQL+Tomcat:Tomcatがメモリを大食いする場合の対処
http://www.orquesta.org/takegata/Article/ArticleView.jsp?article_id=460

CATALINA_OPTSとJAVA_OPTSの違い | gmt-24.net
http://gmt-24.net/archives/297

あちこち、CATALINA_OPTS 推奨ちっくなんだけど、個人プロファイルには、JAVA_OPTS 使ってるで。終了時に見たらあかんのかいな?
ログとか特に指定してへんけど。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

DSpaceインストール関係を検索する

drfに流れてたずにぷすのページを見ました。
Special/IR-Windows - XooNIps研究会
http://nijc.brain.riken.jp/xoonips/index.php?Special/IR-Windows

ふと、DSpaceとインストールで検索してみました。

DSpaceについて(メモ)1.5系(暫定版)
http://home.s01.itscom.net/garu/text/dspace15.html

おお。

tech/note/DSpace/既存データ(1.4.2)を新規インストールした1.5.2に入れてみる - DRF wiki
http://drf.lib.hokudai.ac.jp/drf/index.php?tech%2Fnote%2FDSpace%2F%E6%97%A2%E5%AD%98%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF(1.4.2)%E3%82%92%E6%96%B0%E8%A6%8F%E3%82%
A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%97%E3%81%9F1.5.2%E3%81%AB%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%8B

あ? tech/note/DSpace/ は今までも見てたけど、なんか 1.5 のせいか、これスルーしてた。

Academic Trust - DSpace 1.5 を入れてみたよ
http://www.at.nii.ac.jp/content/view/39/1/

112sec - なにかと役立つサイト - livedoor Wiki(ウィキ)
http://wiki.livedoor.jp/notarejini06/d/112sec
このページがなんなのかがわからない。

Windows,LinuxでTomcatを動かすにはどうしたらよいでしょうか? - 教えて!goo
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5417817.html
何者や。
rrhdさんのプロフィール - 教えて!goo
http://oshiete1.goo.ne.jp/user.php3?u=479868
20件も質問しとる。

漢字異体字の統合検索を実現する
http://www12.ocn.ne.jp/~zuki/Japanization/dspace142/unified/unified.html

あー。Lucene-ja + Sen ならできるのかー。衝撃。

検索してたら、tomcatやらFreeBSDで苦労されてる別の畑の方々が、DSpaseメモ(京大)を参考にされてる。役立つページだね!


posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

DSpace Cleanup用SQLメモ

2009/12/4の Re: [Dspace-tech] Asset store cleanup failing (Anjanette Young)より。
cleanupがうまくいかず、Error: ERROR: primary_bitstream_id_fk referential integrity violation - key
in bitstream still referenced from bundle が出た際に、以下のSQLで確認したらしい。

The SQL I used to find the problem bitstreams:
SELECT bitstream.bitstream_id, bitstream.deleted, bundle.bundle_id FROM
bitstream JOIN bundle ON bundle.primary_bitstream_id =
bitstream.bitstream_id WHERE bundle.primary_bitstream_id > 0 AND
bitstream.deleted = true;

これで問題なかったのに、エラーが起こるからなんで?ってメールなんだけど、その先は、まだ解決してないのか、見逃したのか。
つーか join on とか書いたことない。結合あってるの? メモしたけど、ほんまにコレなんかな。条件書きすぎなんちゃうか。
そう思って、昔の自分メモをひったくってくる。

select u.* from bitstream i, bundle2bitstream u where i.bitstream_id=u.bitstream_id and i.deleted='true';

・・・なんでbundle2bitstreamをuにしてんだろう。。単に気分か? これで役立ったらしいから、もういいのか。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

メディアフィルター復活

DSpaceのカバーページを、オンザフライ版にしたときに、メディアフィルターの夜間実行を止めてた。
けど、もともとコレ、DSpaceデフォルトのもので、全文検索用のtextファイルを作ってくれるものなので、カバーページを作らないようにして、実行しておくものじゃないかとやっと思い出した。

旧バージョンと http://www12.ocn.ne.jp/~zuki/Japanization/dspace142/coverpage/coverpage.html 新バージョンのページ http://www12.ocn.ne.jp/~zuki/Japanization/others/coverpage/coverpage.html を見比べて、以下の作業を行う。

・DSPACE_SRC/src/org/dspace/app/mediafilter の CoverFilter.java を削除
・dspace.cfg の org.dspace.app.mediafilter.CoverFilter, \ を削除
・dspace.cfg の filter.org.dspace.app.mediafilter.CoverFilter.inputFormats = Adobe PDF を削除

dspace.cfg からは、きちんと削除しないとダメでした。最初、コメントアウトしてたのですが、エラーが出ました。
(いつもすいませんーー!)

カバーを作らず、テキストだけ作ってくれるようになった。そういえば、PDFにocrをかけたら、またfilter-mediaかけなおししなくちゃなのかな。

つーかまー、リポジトリ内の話だろうから、検索エンジンクロールには、ocrかけたらfilter-mediaかけなおし云々は関係ないのか。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登録数とアクセス数比例?

DSpaceで、日々の登録数が多いと、1日のアクセス数も比例して多めになるのは、人間がRSSチェックしてるから、というよりは、ロボットが巡回にきてくれるからやろか?
DSpaceの統計の解析行を毎日見てて、高頻度のほうもAWstatsのほうも、徐々に増えてるなぁと思ってたのですが、先週、他の仕事との関係で、毎日のリポジトリ登録数が減ったところ、解析行=アクセス総数も減ってきました。んまぁ。
まー、ロボットちゃんでもRSSでも、あんまり正しいユーザじゃないような。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古い年代もほしいのか。

DSpaceでInternal Server Errorでたら、いちいちメールで送ってもらってるけど、別に、たまたま出ただけちゃうん?と追及しないことが多い。
でも、よく見る用語として、oldestfirst というのがある。
検索語かなーと、すっげー無視してたのだけど、唐突にやっと気付いた。
browse-date?order=oldestfirst
日付の昇順じゃん!!
あとは、NullPointerException で TreeMap.rotateLeft(TreeMap.java とかが出てる。rotateLeft?
結局、なにも追及しないのだけど、古いものから並べ直したいという要求にちょっと驚いた。たしかに紀要古い巻号から入れてるけどさ。発行元が見てるんだろうか。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

メディアフィルター忘れ

カバーページをオンザフライ版にしたから、うっかりcronで bin/fiter-media の部分を、コメントアウトしてた。たしかにfilter-mediaでカバーを作ってたけど、もともとあれは、全文検索用のテキストを作るんだったそうだった。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マニュアルとか消えてるよ!!

九大の、リポジトリプロファイルページについて、テストサーバもできたことだし、見てみようと行ってみた。
CSI:研究者コミュ - プロフィールページ - 九州大学附属図書館研究開発室
http://pj.rdnet.lib.kyushu-u.ac.jp/wiki/csicommu/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
ソースが5月に更新されてる。たしか前に見たのは5月より前だった気がするし。よしよし。
落してみた。
使い方がわかんない。

おっかしいな。自分のパソコンから、以前ファイルを落してないか探してみる。あったあった。4/20に落してる。
document.htmlが入ってるよ!!
それに、今回は、profile.zip しかファイル公開されていないけど、もともとは他にもいろいろあったみたいだよ!!
どうなってんだか。。。

それはそうと、もってたdocument.htmlに、プロフィールページ設置サーバ推奨環境に、「CentOS 4 または Red Hat Enterprise Linux ES 4 以上」とある。
ダメだこりゃ。今からつくるテストサーバCentOS4なんだけど、最終的に公開する予定のサーバが今のところはね。もちろん推奨ではあるけど、やったら大丈夫な気もするんだけど。
まぁいいや。気分なえた。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

リポジトリテストサーバ復活

テストサーバがうまく動かなくなって、どーにかしなくちゃーでほったってたけど、本サーバから、dspace-src、dspace.dump、assetstore、dspace_home_config ファイルをコピってきました。
dspace_home/lib から、postgres.jar ファイルを、dspace_src/lib にコピーしました。
dspace_home/lib から、xeres.jar を動かして、libディレクトリからは削除しました。

んで、antのアップデートと、warファイルのtomcatへの配備を行いました。

tomcatの再起動とapacheの再起動したら、画面が立ち上がります。ここまでは前も大丈夫だったけど、どこかのアイテム画面に移動しようとすると、いつもエラーになってたんですよ。
エラーおきませんでした。
テストサーバ復活しました。

わーお。いろんなシステムのカスタマイズしなくちゃだよー。テストサーバがないからできないとか言い訳もうできないよー。
posted by 川蝉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

DSpaceカスタマイズ例にうなる

これは本当にうなった。メタデータファイル出力は考えていたけどさ。
DSpace AGREX Demo: 運用の効率化等に効くDspaceのカスタマイズ
http://dspace.agxdrm.jp/dspace/handle/123456789/440
CiNiiとかから、xmlとかで出力したファイルをアップロードして、流用入力ができる。で、DSpaceからも、同様にファイル出力してアップロードしたら、同じ雑誌の論文を入力するときなど、入力が楽。
評価DBへのデータ入力で同じこと考えてたのに、DSpaceでそれができれば、とか、思ってなかった。
統計メール送信とかはいいし、まぁ、この論文について問い合わせで、投稿者にメールが行くというのも、運用側は気楽だけど、逆に先生からうざがられないか心配があるのでまぁよいのだけど、ファイル出力&アップロード入力に憧れる。
リポジトリ用のデータ管理用にデータベース的なものは、どこの大学も形は違っても持ってるだろうけど、ここは、DSpaceの中で管理する体制らしい。おもしろそうだけど、それはまぁいいや。
著者名のリンク、ずっとしたいと思ってたのに、最近忘れてた。
AWstatsのログを、Accessで管理するらしい。まぁ、これはわりにどうでもいいか。
知らないことは多い。やることも。
あーーー。
posted by 川蝉 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクレックスサイトおもろい

機関リポジトリ応援サイト -- リポジトリならAGREXで
http://dspace.agxdrm.jp/xoops/
FAQと、各種資料のカスタマイズは目を通していいと思う。異動してきた基本教えるの面倒なので、見てもらったらちょうどいいかしらん。
FAQ
http://dspace.agxdrm.jp/xoops/modules/pico/
カスタマイズ例のご紹介
http://dspace.agxdrm.jp/xoops/modules/pico_1/index.php?cat_id=3
どこのカスタマイズやろうと思ってた統計・紀要・コミュニティの折りたたみは、アグレックスさんでしたか。
エンバーゴやら、個別入力で、本文ファイルなしに登録するのがある。
公開制限:http://dspace.agxdrm.jp/xoops/modules/pico_1/index.php?content_id=17
ファイルアップロードの省略
http://dspace.agxdrm.jp/xoops/modules/pico_1/index.php?content_id=26

メタデータファイル出力
http://dspace.agxdrm.jp/xoops/modules/pico_1/index.php?content_id=9
次はこーゆーのを考えたい。
posted by 川蝉 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | DSpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする